神戸市-KOBE-


兵庫区役所新庁舎が8月13日にオープンします

記者資料提供(令和元年6月27日)
兵庫区総務部総務課
行財政局区役所課

兵庫区役所新庁舎が8月13日にオープンします

〜“みなとがわホール”や“おやこふらっとひろば”を併設!地域の活性化につながる区の拠点づくり〜

 兵庫区総合庁舎は区役所の中で最も古く、手狭さや設備の老朽化に加え、バリアフリー化の必要性などの課題があり、また、音響・照明等の設備が整った区民ホールがなかったため、かねてより区民の皆様から整備についての要望が寄せられていました。
 そのため、区民の皆様のご意見をいただきながら、新庁舎の整備について検討を行った結果、区役所庁舎については区民ホールを併設して湊川公園内に、消防署庁舎については現在の総合庁舎を解体した場所に建設することとし、平成29年5月末、新庁舎の建設工事に着工しました。
 この度、6月末に区役所庁舎の建物部分が完成し、令和元年8月13日(火曜)に新庁舎がオープンすることになりました。
 なお、消防署は8月5日(月曜)から荒田公園内の仮設庁舎で業務を行い、消防署新庁舎は令和3年度中の完成を目指し整備を進めてまいります。

(兵庫区総合庁舎のパース図)

イメージ

1.新庁舎の概要

階数 地上9階地下1階
延床面積(区役所専用分部) 約9,800平方メートル(現庁舎 約6,500平方メートル)
フロア配置 1階 健康福祉課 2階 みなとがわホール・会議室 3階 市民課
        4階 保険年金医療課 5階 こども家庭支援課
        6階 おやこふらっとひろば・市税の窓口・生活支援課・会計室
        7階 生活支援課 8階 総務課・まちづくり課

2.スケジュール(予定)

令和元年6月末      区役所庁舎建物部分完成
      7月28日(日曜) 完成記念式典
      8月上旬     引越し
      8月13日(火曜) 新庁舎での業務開始
      9月以降     現総合庁舎解体撤去
令和2年4月予定     消防署庁舎着工
令和3年度中       消防署庁舎完成

3.新庁舎の特色

<整備方針>
・兵庫区のランドマークにふさわしい建物として整備
・ユニバーサルデザインや環境への配慮、公園との連携、災害時の防災拠点機能、周辺施設からのアクセスなど、区民にとって安全・安心を確保し、快適で地域の活性化につながる区の拠点として整備
(1)多目的コーナー(1階、約120平方メートル)
 デジタルサイネージによる区の魅力や市政情報などの情報発信や、イベントスペース・作品展示コーナーとして区民に開放。
(2)みなとがわホール(2階、約400平方メートル、360席)
 音響や照明など、充実した舞台装置を有する区民ホールとして、現在の公会堂と同様に区民の様々な活動の場として利用。
(3)おやこふらっとひろばの開設(6階)
 全市で初めて、子育てに関する専門的知識を有する担当者が常駐する室内で子育て中の親子が気軽に集い、語り、子育て相談や情報提供を行う子育て広場を整備。
(4)引越に伴う手続き窓口を一本化した総合窓口を3階市民課フロアに開設。
(5)庁舎整備にあわせた湊川公園のリニューアル
 a.イベント広場等の整備(令和元年度予定)
 ・常設屋根を設け、日常は子どもの遊び場(ふわふわドーム)として、イベント利用のステージが必要な時にはドームの空気を抜いて上部にステージが設置できる広場として整備。
 b.遊具や健康広場等の整備(令和2年度)
 ・公園の利用を促進するため、幼児を対象とした遊具広場やボルダリングなどの健康広場およびパークタウン側スロープを整備。
 c.新設交番等の整備(令和3年度)
(6)湊川地下道リニューアル
 新庁舎オープン時期に合わせ、区役所西側の湊川地下道の壁面にグラデーション状に発光する導光板を配置し地下道を美装化。その後、天井照明をLED化。

4.完成記念式典

兵庫区役所新庁舎の完成を祝し、完成記念式典(テープカット等)を開催し、併せて、みなとがわホールのこけら落とし公演及び区民開放を行う。
・日時 令和元年7月28日(日曜)10時
・第1部 完成記念式典 10時から10時30分まで
      市長・市会議長あいさつ、感謝状贈呈、テープカット
・第2部 みなとがわホールこけら落とし公演 10時40分から12時まで
      神戸ゆかりの落語家による「みなとがわ寄席」・神戸・清盛隊による演舞
・第3部 みなとがわホールオープニングステージ 12時45分から
      地域団体などによるステージ