神戸市-KOBE-


ヒトiPS細胞やES細胞の分化状態を培養液の解析だけで判断が可能に!iPS細胞の大量培養に向けた細胞の品質管理検査にも応用可能

神戸医療産業都市推進機構と神戸医療産業都市ロゴマーク

記者資料提供(令和元年6月27日)
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター 都市運営・広報課

ヒトiPS細胞やES細胞の分化状態を培養液の解析だけで判断が可能に!iPS細胞の大量培養に向けた細胞の品質管理検査にも応用可能

 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(理事長:本庶 佑)の細胞療法研究開発センター(川真田 伸センター長)は、株式会社島津製作所(代表取締役社長:上田 輝久)と、東京エレクトロン株式会社(代表取締役社長:河合 利樹)との共同研究で、質量分析装置LC-MS/MSを用い、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)、ES細胞(胚性幹細胞)の培養培地を経時的に分析することにより、未分化維持及び分化を開始する際の指標となる分泌代謝物成分を突き止めました。
 本研究成果は、6月26日に、国際学術誌「Science Signaling」のオンライン版に掲載されました。具体的な内容につきましては、添付資料をご参照ください。

【Science Signaling掲載先】
(細胞療法研究開発センター英語HPよりご確認いただけます)
https://www.fbri-kobe.org/english/rdc/

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。