神戸市-KOBE-


神戸市とアーメダバード市との経済交流促進に関する意思確認書の締結について

記者資料提供(令和元年6月27日)
市長室国際部国際課

神戸市とアーメダバード市との経済交流促進に関する意思確認書の締結について

 インドについては、急速な経済成長、世界第2位の人口を有するなど、さらなる発展が見込まれています。
 2016年に兵庫県とインド・グジャラート州において、経済等の分野で相互協力に関する覚書が締結されたのを機に、神戸市においても当該州の最大都市であるアーメダバード市との経済交流に向けて調査・協議等を進めていました。
 このような背景から、この度、長年グジャラート州知事を務めておられたナレンドラ・モディ首相が来神する機会を捉え、アーメダバード市との経済交流を促進するために、経済交流促進に関する意思確認書を締結します。
 今後、具体的な分野や取り組みについて、双方協議していくこととしており、アーメダバード市との交流を核として、インドとの経済交流を推進してまいります。

 

1 意思確認書の締結発表式

(1)日時   令和元年6月27日(木曜) 19時10分から19時20分頃まで
(2)場所   兵庫県公館 応接室
(3)署名者  久元喜造 神戸市長
        サンジェイ・クマール・ヴァルマ 駐日インド特命全権大使
(4)立会人  ナレンドラ・モディ インド首相
        井戸敏三  兵庫県知事

2 意思確認書の内容(抜粋)

 日本国神戸市とインド共和国アーメダバード市は(以下「両者」という。)、両者の発展を目指し、協力連携の枠組みを構築するため、以下のとおり合意した。

1.両者は、日本とインドの法律及び政策に従い、互恵、平等及び相互主義の原則に基づき、両市民の友好を促進するための努力を行う。
2.両者は、経済分野において、相互に協力連携し、交流を促進する。
3.両者は、前条に定める事項を効果的に推進するため、必要に応じて協議を行うものとする。

3 その他

6月27日(木曜)に、ナレンドラ・モディ・インド首相が来神され、日本に住むインド人を対象とした講演会等を行います。その際に、神戸市とアーメダバード市との経済交流促進に関する意思確認書の締結発表に立ち会っていただきます。