神戸市-KOBE-


兵庫県指定重要有形文化財「南僧尾観音堂」修理工事第1回見学会(茅葺き屋根葺き替え)の開催

記者資料提供(令和元年6月17日)
教育委員会事務局文化財課

兵庫県指定重要有形文化財「南僧尾観音堂」修理工事第1回見学会(茅葺き屋根葺き替え)の開催

 北区淡河町南僧尾にある「南僧尾観音堂」は15世紀後半に建てられた寄棟造茅葺きのお堂です。後の時代の改造はありますが、もとの構造をよく残し、室町時代の貴重な建築物として兵庫県の重要有形文化財に指定されています。この2月から120年ぶりの大掛かりな修理工事に入りました。
 これまで葺かれていた屋根の茅を半分はずし、普段は見ることのできない茅の厚さや屋根の骨組みを目の前で見ることができる状態となりましたので、今回、第1回目の工事見学会を開催いたします。スニーカー・動きやすい服装でご来場ください。

南僧尾観音堂
南僧尾観音堂

屋根と覆屋と足場
工事用足場から間近に見る茅葺き屋根

1.開催日時

2019年(令和元年)6月30日(日曜) 14時00分から16時00分

荒天(神戸あるいは三木地区に警報が出た場合)の場合、中止いたします。
当日は文化財課携帯電話(090-3727-5018 )までお問い合わせください。

2.開催場所

神戸市北区淡河町南僧尾560

3.申し込み・参加費

申し込みは不要 参加費無料です
当日会場へ直接おこしください

4.アクセス

国道428号線と県道38号線(三木三田線)が交差する「淡河本町」交差点を北(吉川方面)へ1.8km、僧尾川の手前(道の東に案内看板あり)を右折して500m。
会場の隣地に駐車場あり。

5.問い合わせ先

神戸市総合コールセンター(電話:078−333−3330・FAX:078−333−3314 )
年中無休 8時〜21時
当日は文化財課携帯電話(090−3727−5018)