神戸市-KOBE-


小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催

小磯外観

記者資料提供(令和元年6月7日)
教育委員会事務局
小磯記念美術館

小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催

―絵と音の共演―

1.マンスリーコンサートの概要

インッデクス
  美術・音楽の双方の視点から展示中の小磯良平作品の紹介をコンサート&トークショー形式で行うことにより、作品により親近感をもってもらうことを目的に、毎月1回開催しています。

2.内容

(1)構成
 コンサート毎に小磯良平作品1点を選び、当館学芸員による作品解説や歴史的背景、小磯良平にまつわる話と、音楽プロデューサー(南出卓氏)による音楽的視点から見た作品への印象や関連性をトークショー形式で行い、コンサートの曲目に結びつけていきます。
 曲目は、クラシック音楽を中心に、クラシックを普段聴かない人にとってもポピュラーな楽曲から、熱心なクラシックファンにも楽しめる楽曲を組み込んだプログラム構成としています。
(2)開催時期
 毎月1回、第3日曜日、午後2時から1時間程度
(3)出演者
 2台のピアノ

3.6月の開催内容

2台のピアノ開催日 令和元年6月16日(日曜)
      午後2時から
出演者 
  藤本さえ子(Piano)
  新林れん(Piano)

4.今月の小磯良平作品

働く人《働く人》 
 小磯良平が1950年代に、古代ギリシャの浮き彫り彫刻に関心を持ち、労働者やその家族を主題とした制作を試みていた時期の作品です。人体が簡潔した面や線でとらえられ、連続するように一列で描かれるところは、古代への関心だけではなく、キュビズム(立体派)や未来派といった前衛美術の影響をも思わせます。

5.アクセス及び入館料

マップ◆美術館へは六甲ライナーが便利です。
◆ロビーコンサートは無料でご覧いただけます。
(展示室・アトリエ等をご観覧される場合別途入館料が必要です)
◆入館料
一般     200円
大学生    100円       
高校生以下 無料
◇小磯良平作品選1 
令和元年5月18日(土曜)から令和元年6月30日(日曜)開催 
休館日 月曜日