神戸市-KOBE-


横浜シーサイドラインの事故に伴う神戸新交通株式会社での車両特別点検の結果について

記者資料提供(令和元年6月7日)
神戸新交通株式会社
総務部 総務課

横浜シーサイドラインの事故に伴う神戸新交通株式会社での車両特別点検の結果について

1.内容

 令和元年6月1日(土曜)午後8時15分頃に発生した横浜市を走る新交通システム「シーサイドライン」新杉田駅での事故を受け、弊社が運行するポートアイランド線(通称ポートライナー)、六甲アイランド線(通称六甲ライナー)の車両について、令和元年6月3日(月曜)から令和元年6月5日(水曜)にかけて、ポートライナー(全19編成)及び六甲ライナー(全12編成)の車両に搭載しているATO車上装置の特別点検を実施し、異常のないことを確認いたしましたので、お知らせいたします。

2.今後の対応について

 現在、車止めを設置している始発駅の司令所での出発監視の強化(注1)及びホーム監視要員の配置体制(注2)を取っておりますが、これを当分の間、継続いたします。

(注1)ポートライナー並びに六甲ライナーでは、司令所において司令員による運行監視業務を行っており、車止めを設置している始発駅(ポートライナー:三宮駅・神戸空港駅、六甲ライナー:住吉駅)の出発監視を強化し、万が一、車両が逆方向に進行した場合、速やかに車両を緊急停止させます。
(注2)ポートライナーの三宮駅・神戸空港駅、六甲ライナーの住吉駅の各ホームに監視要員として係員を配置し、万が一、車両が逆方向に進行した場合、速やかに車両を緊急停止させます。

3.その他

 シーサイドラインの事故原因の詳細が明らかになれば、さらなる特別点検等の実施について取り組んでまいります。

※ATO車上装置・・・自動運転を行うための装置で、地上からのATO(自動列車運転装置)信号を受信するとともに車両自身の情報により論理演算を行い、出発制御、加速制御、定速制御、減速制御、定位置停止制御などを行います。