神戸市-KOBE-


こども服の交換サービス「Lynks(リンクス)」実証実験開始

記者資料提供(令和元年6月7日)
医療・新産業本部 新産業部 新産業課

スタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」

こども服の交換サービス「Lynks(リンクス)」実証実験開始

6月15日、29日 こどもふくの交換会@神戸市立六甲道児童館

こども服のオンライン交換サービス「Lynks(リンクス)」を運営する株式会社 BLUE STYLEは、六甲道児童館と共催で、中古服の物々交換を行うイベントを実施します。
株式会社 BLUE STYLEは、「子供服がすぐに着られなくなり、無駄になってしまう」課題を解決するために、「着られなくなったこども服」と「ほしいこども服」の交換をオンラインで行うサービスLynks(リンクス)を運営しています。このたび実施するイベントを通じて、パパやママたちの課題や悩みを知り、さらに一般的になじみのない「服の交換」を体感することでその魅力を感じてもらい、服を交換するという文化が社会に浸透していくことを目指します。

この取組は、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す目的で、スタートアップから最先端のテクノロジーを用いたソリューション及びその実証実験の提案を受け、社会・行政課題の解決を目指す「Urban Innovation KOBE +P(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」事業(平成30年10月より実施)の一貫として行うものです。(『+P』はプロポーザル(提案)の意味)株式会社 BLUE STYLEとの取り組みは、本事業の第2号となります。

「Lynks(リンクス)」概要

子供服をオンラインで交換するシェアリングエコノミーのサービス。お客様のお持ちの「着られなくなった子供服」とLynks の「着てみたい子供服」を1着対1着で、交換することができる。
子供服の交換体験イベントや無料配布活動も行い、国際連合が推進している「持続可能な開発目標」の「貧困の解消」や「つくる責任つかう責任」の実現を目指す。

こども服の交換会のイメージ写真
(交換会イメージ)

1.服の交換イベントについて

洗濯済みの中古服をお持ちいただくと、お好きな中古服と交換できます。

・イベント名:CURURU(クルル)
・主催:株式会社 BLUE STYLE・六甲道児童館(NPO法人 S-pace)
・協力:神戸市
・開催日時:令和元年6月15日(土曜)、令和元年6月29日(土曜) 各日午前、午後2回 (1)10時から12時、(2)13時から15時
・実施場所:六甲道児童館図書室(兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲ビル4F)
・対象サイズ:80cm〜120cm
・参加者:どなたでもご参加いただけます。

2.会社概要

株式会社 BLUE STYLE

代表者:代表取締役 外谷 洋二郎
設立:2017年6月
住所:福岡県福岡市東区若宮4-2-38 伊崎ビル3F
URL:https://bluestyle.jp/
サービスURL:https://lynks.jp/
会社概要:
ウェブサイトの制作会社。EC(電子商取引)サイトの提案から構築、運用までを一貫して手がける。代表の外谷洋二郎氏は国内で代表的なECサイト構築ソフト「ECCUBE」の公式エバンジェリストを務める。
2018年5月に自身の子育て経験で感じた課題を解決するために、子供服の交換サービスLynksを正式リリース。
2019年6月から、社会課題を解決するという同じ思いを持つ株式会社J&J事業創造(株式会社ジェーシービーと株式会社JTBの戦略的事業開発会社)と子育ての課題解決に向けた実証実験(POC※)を神戸・東京・福岡で行うための業務提携を行った。
※新しい概念やアイデアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションのこと。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。