神戸市-KOBE-


PCB含有安定器の紛失について

記者資料提供(令和元年6月5日)
教育委員会事務局
学校支援部学校環境整備課

PCB含有安定器の紛失について

1.概要

 市立兵庫商業高等学校跡の旧校舎の残置物処理作業において、保管していたPCB含有安定器が紛失していることが判明しました。

2.紛失したPCB含有安定器の数

 5基

3.紛失の経緯

5月21日 照明器具から取り外したPCB含有安定器について、残置物処理業者に対して、現場責任者立会いのもと、保管場所から持ち出さないよう指示した。
6月4日 保管場所からPCB含有安定器が持ち出されていることに本市職員が気付いた。
6月5日 残置物処理業者への聞き取りにより、PCB含有安定器は金属リサイクル業者に引き渡されたことが判明。本市職員が当該リサイクル業者の作業場を調査し、紛失した5基のうち1基を発見した。残りの4基についても、引き続き調査を継続する。

4.今後の対応

・引き続き残りの4基の所在を調査します。
・今回の紛失は、PCB廃棄物の管理が不十分であったことが原因であることから、他の学校施設についても、PCB廃棄物の保管を適正に行うように徹底します。
・紛失したPCB含有安定器は鉄製容器の中に収められていることから、PCBの流出は発生しにくいと考えており、人体への影響はほとんどないと考えています。残りの4基の所在を確認のうえ、周囲への影響など必要な調査を行います。