神戸市-KOBE-


高校生による研究発表及び意見交換の実施について

記者資料提供(令和元年5月31日)
市会事務局総務課

高校生による研究発表及び意見交換の実施について

1.趣旨

 兵庫県立長田高等学校では、人文・数理探求類型の生徒が人文・科学にかかるテーマを定め、グループで研究・検証を行い、その成果を校内及び大学等で発表する「探求」活動を実施しています。
 このたび、同校より、「小学生向けの主権者教育」として若年者の政治への理解・関心を深めるための研究成果を、実際に政治に携わる議員の皆様に発表したい旨の依頼がありました。市会としても若年者の政治への理解・関心は非常に重要な課題と認識しており、若年者自らによる研究内容が議員活動の参考となることも多いと思われるため、下記のとおり、議員向けに研究発表及び意見交換の場を設けます。

2.日時

 令和元年6月4日(火) 午後4時〜5時頃

3.場所

 市役所1号館28階 第4委員会室

4.発表者

 長田高等学校3年生 瀬崎涼さん 藤沼佳鈴さん 水谷結衣さん

5.テーマ

 小学生向けの主権者教育 〜若者の投票率を上げるために〜

6.概要

・高校生へのアンケート等により現状調査した結果、若者の投票率が低いのは「政治のことがよくわからない」「政治が身近なものではない」というのが主な理由。
・対応案として主権者教育を提案、ドイツを参考に、実際に小学生を対象に授業を実施して成果を検証。
・その結果、授業を受けた小学生の政治への関心が高まり効果が見られた。

7.その他

 生徒による発表(15〜20分)の後、質疑応答・意見交換を行います。