神戸市-KOBE-


中学校給食における対応について

記者資料提供(令和元年5月27日)
教育委員会事務局
学校支援部健康教育課

中学校給食における対応について

 本市中学校給食の調理委託事業者4社のうち1社について、他市で受託している学校給食業務において米飯への異物(カビ)混入が判明しました。このため、安全性が十分に確認できるまでの間、同事業者が担当している中学校については、別の調理委託事業者に調理業務を代行させることとしましたので、下記のとおり情報提供します。

1.概要

 本市の中学校給食の調理委託事業者4社のうち1社について、同事業者が姫路市で受託している学校給食業務で提供した米飯に異物(カビ)が混入していたことが判明しました。
 この問題を受け、姫路市教育委員会は、健康被害の報告は無いものの、当面の間、同事業者による米飯の提供を取りやめることにしたと5月24日に発表しました。

 安全安心な学校給食を提供するという観点から、神戸市教育委員会も同様に、同事業者による中学校給食(米飯、おかずとも)の提供を見合わせ、安全性が十分に確認できるまでの間、同事業者が担当している中学校については、本市の調理委託事業者のうち別事業者に調理業務を代行させることで、中学校給食の提供を安定的に継続いたします(5月27日(月曜)分より)。
 なお、配送・配膳業務に関しては、現行の事業者が従来どおり行います。

2.今後の対応

 当該事業者については姫路市の保健所により現地調査が行われているため、今回の異物混入の原因について引き続き情報収集に努めるとともに、本市の責任においても別途、同事業者に対して調査を行い、安全性の確保に向けて衛生管理の指導を徹底いたします。