神戸市-KOBE-


KIITO:ミラノサローネ2019報告会を開催!

ユネスコロゴマーク

記者資料提供(令和元年5月27日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
経済観光局農政部西農業振興センター

KIITO:ミラノサローネ2019報告会を開催!

世界最大のデザインの祭典で第1位を受賞したプロジェクト展示も併せて開催

 神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、次のとおりトークイベントを行いますので、ぜひご参加ください。

 

画像

毎年4月にイタリア・ミラノで開催される、世界最大規模の国際家具見本市ミラノサローネ。多くの企業が会期に新製品を発表する一方で、市内のあちこちで世界各国の若手デザイナーや芸術大学による展示を行い、街全体がデザインに彩られます。
「キイトナイト24 デザインレポート04:ミラノサローネ2019 -バイオ、AI、拡がるデザイン領域-」では、芸術大学の展示に焦点をあてて取材を続けているデザインリサーチャーの久慈達也さんにお話をうかがいます。また、神戸牛の革を活用した製品を出展し、若手デザイナーの登竜門と呼ばれるサローネサテリテで第1位を受賞したkuli-kuliのデザイナー山内真一さんに、プロジェクトの背景と海外出展で得られた経験をお話いただきます。二つの視点からデザインの新しい考え方にふれるトークイベントに是非ご参加ください。

開催概要

トークイベント:キイトナイト24 デザインレポート04:ミラノサローネ2019 -バイオ、AI、拡がるデザイン領域-
日時:令和元年5月30日(木曜)19時〜21時 
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)1Fカフェ
出演:久慈 達也(デザインリサーチャー/DESIGN MUSEUM LAB)、山内 真一(デザイナー/kuli-kuli)
参加費:500円(1ドリンク付き) 
対象者:どなたでも 
定員:30名(先着順)
主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸

これまでの開催風景

ミラノサローネ2018報告会 -学生展示から読むデザインの動向-
ミラノサローネ2017報告会 -世界のデザインスクール最新動向-
ミラノサローネ2016報告会「若手デザイナーの作品にみるデザインの未来」
ミラノサローネ2015報告会「世界のデザインスクールの今とミラノサローネ出展の舞台裏」

画像
(左)ミラノサローネ2015報告会の様子
(中)ミラノサローネ2016報告会の様子
(右)ミラノサローネ2018報告会の様子

作品展示

画像トークイベントの開催にあわせて、山内真一さんの受賞作品展示を行います。展示作品は兵庫県のメーカー協力のもと、通常ではあまり製品としての加工に適していない革を、新しいプロダクトとして生まれ変わらせるプロジェクトです。

展示:神戸牛レザー(KOBE LEATHER)・「感温」・「形憶」・「陰影」
日時:令和元年5月30日(木曜)14時〜17時 
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)1Fスタジオ
入場料:無料 
出演:山内 真一(デザイナー/kuli-kuli) 
協力:神戸市経済観光局農政部西農業振興センター
主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸

出演者プロフィール

久慈 達也(くじ たつや)

画像1978年、青森市出身。東北大学大学院国際文化研究科博士課程を中退後、神戸芸術工科大学図書館研究員を経て、2012年にデザイン専門の展覧会企画・編集事務所DMLを設立。展覧会企画や原稿執筆のほか、デザインに関する講演や講座も担当している。https://dm-lab.com/

山内 真一(やまうち しんいち)

画像1983年神戸市生まれ。kuli-kuliデザイナー。神戸芸術工科大学非常勤講師。
Kokuyo design Awardグランプリ、Interior lifestyle Young Designer Awardほか多数受賞。