神戸市-KOBE-


KIITO:神戸の旬の野菜について学ぶ「神戸野菜学 オクラ」

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

記者資料提供(令和元年5月23日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

夏野菜の定番・オクラを大解剖!

KIITO:神戸の旬の野菜について学ぶ「神戸野菜学 オクラ」

 神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、次のとおりトークイベントを行いますので、ぜひご参加ください。

 

画像
平成29年から続く、「旬の野菜」をテーマに、広めるひと・栽培するひと・料理するひとの3組から野菜について学ぶワークショッププログラム「神戸野菜学」。KIITO CAFEの運営パートナーである「はっぱや神戸」とKIITOが、野菜の生態や育て方、おいしく食べる知識をとことん突き詰めてお届けします。
夏本番を目前にした7月のテーマは「オクラ」。オクラの特徴や効能を学ぶ「野菜学」の時間、参加者が実際に手を動かしてオクラを調理する「調理実習」の時間、そしてシェフの料理を食べて楽しむ「給食」の時間の3本立てで、知っているようで知らないオクラの世界にどっぷり浸かります。

開催概要

(開催日)令和元年7月14日(日曜) 12時から15時
(会場)KIITO CAFE デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 1階  
(講師)加古祐樹(はっぱや神戸)、岩元清志(たんぽぽファーム)、リン シエ(小宇宙食堂)
(定員)20名(事前申込制、申込み多数の場合抽選)
(参加費)2,000円(材料費、試食込)
(主催)デザイン・クリエイティブセンター神戸、はっぱや神戸
(参加方法)ウェブサイト(http://kiito.jp/)にてお申込みください。
(申込開始)令和元年5月23日(木曜)14時から
(申込締切)令和元年6月24日(月曜) ※抽選の結果は6月28日(金曜)中にご連絡いたします

講師プロフィール

〈広めるひと〉 加古祐樹(はっぱや神戸)

画像祖父の代から続くお米の有機栽培農家です。昔からつながりのある農家さんを中心に、兄(社長)が農産物直売所「はっぱや神戸」を立ち上げました。兄弟でおもしろい野菜やさんをめざして日々運営しています。 
http://happaya-kobe.com/

〈栽培するひと〉 岩元清志(たんぽぽファーム)

画像大阪から丹波市に引っ越して新規就農して11年目に突入しました。就農してからずっと有機栽培を行ってます。品目を少なくして、大量生産を目指しています。オクラは年々作付けを増やして昨年から20aを作付け。

〈料理するひと〉 リン シエ(小宇宙食堂)

画像南台湾出身。台湾のふるさとの味を日本のみなさんに伝えるために、体にやさしい料理教室、小宇宙食堂を主宰しています。元水墨画作家の感性を取り入れて食と暮らしの共通点を提案いたします。
https://little-space.github.io/

 

これまでの神戸野菜学 開催風景

画像
(左)講師の農家さんやシェフから、テーマの野菜の特徴や育て方、料理するときの扱い方などをそれぞれの視点でお話しいただきました。
(中)「かぼちゃ」がテーマの回では、さまざまな種類のかぼちゃを実際に蒸して食べ比べることで、味の違いを学びました。
(右)「なす」がテーマの回では、ぬか床づくりを体験。おいしいぬか漬けのコツを教わり、参加者は漬けたてのなすを持ち帰りました。

 

これまでの神戸野菜学 テーマ野菜・講師一覧(平成30年度) 広めるひと/栽培するひと/料理するひと

5月アスパラガス加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/島中 佳紀/山口 義照(レストラン・パトゥ)
7月なす加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/芝田 琢也/下川 強史(ごはんやルリカケス)
9月かぼちゃ加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/田村 寛(株式会社Teams)/古賀 智晶(コムコカ)
11月れんこん加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/児島 光宏(淡路島ビオ畑)/池島 耕(ひょうごの在来種保存会・姫路地区世話人) /上野 直哉(玄斎)
1月にんじん加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/中末 智己/加古 拓央(anonyme)
3月レタス加古 憲元、加古 祐樹(はっぱや神戸)/森本 聖子/ささたくや