神戸市-KOBE-


2019年度神戸市留学生奨学金(神戸・菅原奨学金)支給式について

記者資料提供(令和元年5月22日)
(公財)神戸国際協力交流センター

2019年度神戸市留学生奨学金(神戸・菅原奨学金)支給式について

神戸市内の大学に在学する外国からの私費留学生30名に対し、神戸市長より奨学金の支給式を下記のとおり行います。

◆支給式◆

1.日時:2019年5月27日(月曜)午前10時から10時45分
2.場所:神戸市役所1号館14階 大会議室
3.内容:神戸市長から2019年度神戸市留学生奨学金(神戸・菅原奨学金)の支給証を交付するとともに、奨学生との懇談会を行う。


◆2019年度受給者◆

1.人数: 30名
2.出身国・地域:イギリス、インドネシア、韓国、中国、ネパール、バングラデシュ、ベトナム、ベルギー、モルドバ、ラオス(10か国)
3.大学別: 神戸学院大学、神戸国際大学、神戸市外国語大学、神戸大学、神戸山手大学、日本経済大学神戸三宮キャンパス、兵庫県立大学
(7大学)
4.課程:博士課程9名、修士課程4名、学部生17名

◆神戸市留学生奨学金(神戸・菅原奨学金)の経緯◆

神戸市は1985年に、神戸市と開発途上国等との友好を促進するため、留学生奨学金制度を創設しました。更に、1988年に篤志家の(故)菅原一郎氏から10億円の寄附を受け、1989年に神戸市留学生支援等基金条例を制定し、以降、毎年市内の大学で学ぶ私費留学生の中から奨学生を選考して、1人月額8万円の奨学金を1年間支給しています。