神戸市-KOBE-


7月から神戸市産前ホームヘルプサービスが始まります。

記者資料提供(令和元年5月17日)
こども家庭局
こども育成部家庭支援課

7月から神戸市産前ホームヘルプサービスが始まります。

近年、核家族化の進行により、産前産後に周囲のサポートを得ることができない家庭が増加しており、妊娠・出産・子育て支援の重要性が高まっています。昼間、周囲の方のサポートを得ることができず、体調不良などで家事や育児が困難な妊婦のいるご家庭にヘルパーを派遣し、家事・育児に関する援助、助言を行うことで、妊婦の負担の軽減を図ります。

1.産前ホームヘルプサービスの概要

(1)対象者
  神戸市に居住しており、妊娠中で、体調不良などのため家事や育児が困難で、昼間手伝いをしてくれる人がいない方
(2)サービスの内容
  日常的に妊婦がされる昼間の家事や育児のお手伝いを行います。
(3)利用期間
  妊娠中(母子健康手帳交付後〜出産まで)
(4)利用回数
  1回2時間以内で1日1回、最大10回まで利用できます。
(5)利用時間
  月曜日から土曜 9時から18時(祝日および年末年始を除きます)
(6)利用料金
  1回1,600円

2.利用方法

母子健康手帳取得後、お住まいの区役所こども家庭支援課こども保健係、北須磨支所こども保健係に申請して下さい。

3.利用申請受付開始

令和元年7月1日(月曜)から