神戸市-KOBE-


世界初の予防薬・治療薬創出に向けたフレイル創薬の委託研究開発への参画

神戸医療産業都市推進機構ロゴマーク、神戸医療産業都市ロゴマーク

記者資料提供(令和元年5月14日)
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター 都市運営・広報課

世界初の予防薬・治療薬創出に向けたフレイル創薬の委託研究開発への参画

 帝人株式会社(社長:鈴木純)は、「フレイルの予防薬・治療薬の研究開発」が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)に採択されたことを受け、AMEDと委託研究開発契約を締結いたしました。
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(理事長:本庶佑)は、この「フレイルの予防薬・治療薬の研究開発」について、分担機関として参画し、健康長寿社会の実現に向けて取り組みを進めてまいります。
 帝人株式会社からのリリースにつきましては、添付資料をご参照ください。

(参考)
フレイルとは:「加齢に伴う予備能力の低下のため、ストレスに対する回復力が低下した状態」を表す概念で、要介護状態に至る前段階の位置づけ。健康長寿社会の実現のためには、フレイルの時点で積極的な介入が必要と考えられる一方で、現状として有効性の確立した医療用医薬品は存在しない。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。