神戸市-KOBE-


WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業

記者資料提供(令和元年5月9日)
神戸市葺合高等学校

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業

〜ワークショップ「Forefront of Global Health」の実施〜

 本校は、文部科学省が公募したWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校(日本の高等学校の中で10校)に選出されました。 
 今回は、その事業の一環としてWHO神戸センター所長のサラ・ルイーズ・バーバー博士をお招きして、Forefront of Global Health(国際保健の最前線)と題し、英語でのワークショップを開催します。

1.日時

 令和元年5月9日(木曜) 14時から16時まで

2.タイトル

 「Forefront of Global Health」(国際保健の最前線)

3.講師

 WHO神戸センター所長 サラ・ルイーズ・バーバー博士

4.場所

 葺合高等学校 フェニックスホール

5.参加者

 葺合高等学校国際科 2年生