神戸市-KOBE-


第58回神戸市障害者スポーツ大会

記者資料提供(令和元年5月9日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
社会福祉法人神戸市社会福祉協議会 障害者スポーツ振興センター

第58回神戸市障害者スポーツ大会

フライングディスク競技を開催

障害者スポーツは、障害のある人の健康のためだけでなく、スポーツを通じて生きがいを発見し、友情・交流の輪を広げ、障害に対する市民理解を深めるなど、障害者福祉の推進に大きな役割を果たしています。
 第2弾はフライングディスク競技の部を開催します。競技はどなたでもご覧になれます。春の日の休日に、力いっぱい頑張る選手達をぜひ応援にきてください!

◆と き 

2019年 5月12日(日)
開会式:10時から
競技開始:10時50分から

◆ところ 

王子スタジアム
住所:神戸市灘区王子町2丁目1
TEL:078-802-0223
FAX:078-861-5628

◆参加選手

参加資格は市内在住、在勤等の障害者手帳所持者です。障害種別は問いません。
参加人数236名
身体障害82名(うち内部障害1名を含む) 知的障害 140名  精神障害14名  
第57回参加人数 233名  身体障害68名 知的障害151名 精神14名

◆大会について

神戸市障害者スポーツ大会は、昭和36年に身体障害者スポーツ大会としてスタートし、58年の歴史を持つ大会です。現在は、障害種別を問わず、卓球、陸上、フライングディスク、水泳の各種目で年間延べ1300人が参加する神戸市の障害者スポーツの祭典となっています。
また、本大会は、10月に開催される全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」の神戸市選手団の選考会を兼ねています。

◆主催 神戸市/神戸市社会福祉協議会

神戸市/神戸市社会福祉協議会/神戸市身体障害者団体連合会/神戸市手をつなぐ育成会/神戸市精神障害者家族連合会/神戸市身体障害者施設連盟/神戸市知的障害者施設連盟/神戸市精神障害者社会復帰施設連盟

◆主管

兵庫障害者フライングディスク協会

知ってる?障害者スポーツ

フライングディスク競技には、アキュラシーとディスタンスがあります。アキュラシーとは5m先の円状(直径1m)のゴールにディスクを投げて10回中何回通過させることができるかを競います。ディスタンスは遠投型で、3回投げて飛距離を競います。

今後の第58回神戸市障害者スポーツ大会開催日程

水泳競技・・・5月19日(日)
        市民福祉スポーツセンタープール
陸上競技・・・5月26日(日)
        ユニバー記念競技場

◆お問合せ先

社会福祉法人神戸市社会福祉協議会 障害者スポーツ振興センター 担当 大久保
TEL:078-271-5330  FAX:078-271-5367