神戸市-KOBE-


神戸市・名古屋市の水道ノウハウを、スリランカへ

記者資料提供(令和元年5月8日)
水道局計画調整課

JICAスリランカ国別研修「アセットマネジメント」を神戸市水道局で実施

神戸市・名古屋市の水道ノウハウを、スリランカへ

スリランカ・神戸・名古屋のアセットマネジメントに関する討論会を5月13日に開催

 神戸市水道局は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する技術協力プロジェクト「国家上下水道公社(NWSDB)西部州南部地域事業運営能力向上プロジェクト」に名古屋市上下水道局とともに参加し、スリランカにおける持続可能で効率的な水道事業運営を支援しています。
 本事業の一環として実施される本邦研修(スリランカ国別研修「アセットマネジメント」)を神戸市水道局及び(一財)神戸市水道サービス公社が協力して実施し、国家上下水道公社より幹部等5名を迎えます。
 5月13日には、本邦研修のプログラムのひとつとして、京都大学経営管理大学院の藤木修教授を座長に迎え、国家上下水道公社、名古屋市及び神戸市の水道のアセットマネジメントの取り組みに関する国際討論会を開催いたします。

1.研修の概要

(1) 期間 2019年(令和元年)5月9日(木曜)から5月15日(水曜)
    【※取材可能日】
     5月13日(月曜) 午後「アセットマネジメントの取り組みに関する国際討論会」
(2) 研修参加者
    国家上下水道公社 西部州統括部長 他 5名
(3) 主な内容
    ・講義 
     アセットマネジメントと事業運営の効率化、アセットマネジメントデータベースの精度向上と更新優先順位の設定、施設計画の将来見通し
    ・視察
     浄水管理センター(SCADAを活用した施設管理)、千苅ダム、千苅浄水場、本山浄水場、大容量送水管、水の科学博物館
    ・討議
     アセットマネジメントの推進に向けた国際討論会(詳細は「2. 討論会の概要」参照)
     ※スケジュール 関連資料参照

 

2.討論会の概要

(1) 日時 2019年(令和元年)5月13日(月曜)13時30分〜17時(13時受付開始予定)
(2) 会場 独立行政法人国際協力機構 関西センター(JICA関西)ブリーフィングルーム
住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
(3) 内容
【第1部】
基調講演 テーマ「世界と日本におけるISO55000sの動向」
藤木 修氏  京都大学経営管理大学院 特定教授
一般社団法人日本アセットマネジメント協会 理事
【第2部】パネルディスカッション テーマ「水道事業経営とアセットマネジメントの活用」
座長  
藤木 修氏
パネラー
国家上下水道公社  西部州統括部長/課長(西部州南部地区担当)
名古屋市上下水道局 経営本部企画経理部長/経営本部企画経理部主幹
神戸市水道局    副局長/計画調整課長

3.技術協力プロジェクトの概要

 水道の管路に関するアセットマネジメント(管路の計画的更新)の導入、管路の施工・維持管理技術の強化を通じて、国家上下水道公社(National Water Supply and Drainage Board:NWSDB)による水道事業運営の効率化を支援するものです。

事業名「国家上下水道公社西部州南部地域事業運営能力向上プロジェクト」
期 間2018年(平成30年)9月〜2021年(令和3年)8月(3年間)
主な活動○管路に焦点を当てたアセットマネジメントの導入
○管路の施工・維持管理技術の強化に寄与するパイロット活動
○研修実施能力の強化

4.これまでの経緯

・2015年(平成27年) 7月 JICA課題別研修「都市上水道維持管理(浄水・水質)(B)」受入開始
(本研修のスリランカからの研修参加者が、本市がスリランカに関わるようになった契機)
・2016年(平成28年)12月〜2017年(平成29年) 事前調査等の調査団員として職員を派遣
・2018年(平成30年) 8月 JICA・名古屋市と技術協力プロジェクト実施に関する協定締結
・2018年(平成30年) 9月 技術協力プロジェクト開始
・2018年(平成30年)10月、2019年(平成31年) 1月 短期専門家として水道局職員2名を現地派遣

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。