神戸市-KOBE-


神戸マイスターが仕立てた神戸洋服を神戸市名誉市民の称号贈呈記念として本庶佑先生に贈呈します!

記者資料提供(令和元年5月8日)
兵庫県洋服商工業協同組合
経済観光局ファッション産業課

神戸マイスターが仕立てた神戸洋服を神戸市名誉市民の称号贈呈記念として本庶佑先生に贈呈します!

神戸洋服1 神戸は近代洋服の発祥の地で、その歴史は明治2年に英国人カペル氏が外国人居留地に店を開店したことに始まります。その後、神戸においてものづくり産業が盛んになるにつれ、優秀な職人が集まり、すべてハンドメイドで仕立てられる紳士服は神戸洋服と呼ばれ、その高い縫製技術は現代の職人達に受け継がれています。

神戸洋服2 平成31年2月、ノーベル生理学・医学賞受賞者である本庶佑先生に、神戸市名誉市民の称号が贈呈され、記念品として神戸洋服を贈呈することとなりました。
 生地選び、採寸を経て、神戸マイスターの手により、洋服を仕立ててまいりました。 この度、完成しましたので、贈呈致します。

※神戸マイスター制度とは
 優れたものづくりの技術・技能の継承を図ることを目的として、全国的に通用するハイレベルなものづくりの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」 として認定する制度。
 これまでに認定された神戸マイスターは、合わせて61職種132名にのぼる。

〇製作者(神戸マイスター)
 足立 直樹(あだち なおき)氏
 佐伯 博史(さえき ひろし)氏

〇問合せ先
 兵庫県洋服商工業協同組合
(〒650-0017 神戸市中央区楠町1丁目8-17日の出ビル1階 電話:078-335-5848)