神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園”企画展「スマスイ生まれの子どもたち」を開催します

 

記者資料提供(令和元年5月7日)
神戸市立須磨海浜水族園

平成生まれ令和育ちの赤ちゃん大集合!

”須磨海浜水族園”企画展「スマスイ生まれの子どもたち」を開催します

 須磨海浜水族園では、企画展「スマスイ生まれの子どもたち」を開催します。
この春、当園ではたくさんの赤ちゃんが生まれ、ベビーラッシュにわいています。水槽で生まれた赤ちゃんは、親やほかの魚に食べられたり、餌をうまく食べることができないこともあり、赤ちゃんが生まれると、バックヤードの水槽で大切に飼育します。しっかりと餌を食べられるようになり、親やほかの仲間と一緒に飼育できる大きさになるまで大事に育てた子どもたちが、ようやく展示水槽にデビューし、お客さまにご覧いただけるようになります。
 この企画展では、バックヤードで飼育しているため、普段は見ることができないスイゲンゼニタナゴ、ピラニア・ナッテリー、ガラ・ルファ、ミシシッピアカミミガメの4種の赤ちゃんを展示します。
 スイゲンゼニタナゴは、環境省レッドデータブックにおいて絶滅危惧種に指定されている希少淡水魚です。当園では、積極的に本種の域外保全に取り組んでおり、毎年繁殖期に合わせて人工繁殖を実施し、今年もたくさんの子どもが生まれました。ほかの3種は、それぞれの展示水槽で自然繁殖した個体を展示します。
各種、子どもならではの愛らしい姿をご覧いただいた上で、何度か足を運んでいただき、すくすくと成長する様子もお楽しみください。

1.タイトル

「スマスイ生まれの子どもたち」

2.開催期間

2019年5月11日(土曜)から6月30日(日曜)

3.開催場所

当園 世界のさかな館 身近な生きものコーナー

4.展示種について

展示種稚魚(幼体)
の体長と展示数
成魚(成体)
の体長
その他特徴など

スイゲンゼニタナゴ
約1センチメートル
20個体
平成31年2月生まれ
 
約3センチメートル山陽地方の一部に生息するタナゴの仲間。
環境省レッドデータブックでは絶滅危惧TA類に指定されている。

ピラニア・ナッテリー
約1センチメートル
20個体
平成31年2月生まれ
 
約25センチメートルアマゾン川に生息するカラシンの仲間。
鋭い歯と頑丈な(あご)で獲物を噛みちぎる。
 

ガラ・ルファ
約1センチメートル
20個体
平成31年4月生まれ
 
 
約5センチメートル西アジアなどに生息するコイの仲間。
ヒトの角質を食べることからドクターフィッシュの名で知られている。

ミシシッピアカミミガメ
甲長約3センチメートル
2個体
平成31年3月生まれ
 
 
 
甲長約20センチメートル北アメリカ原産のカメの仲間。
ペットとして持ち込まれたものが野外に放たれ、現在では野生化した個体が日本の各地で見られる。

※生物の状態により、展示魚種及び展示数を変更する場合がございます。