神戸市-KOBE-


神戸大学医学部附属病院 「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)」の認証を取得

KBICロゴ

記者資料提供(令和元年5月7日)
企画調整局 医療・新産業本部
医療産業都市部 調査課 

神戸大学医学部附属病院
インターナショナル・メディカル・コミュニケーションセンター

神戸大学医学部附属病院 「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)」の認証を取得

 神戸市と神戸大学は、神戸医療産業都市及び神戸大学医学部附属病院の目的のひとつである国際貢献を果たすため、平成30年5月に、メディカルクラスター(※)内の医療機関における海外患者受け入れ専門窓口「インターナショナル・ペイシェント・レセプション・デスク(IPRD)」を設置し、海外患者が安全に、かつ安心して受診いただける体制づくりに取り組んでいます。
 このたび、神戸大学医学部附属病院は、一般財団法人 日本医療教育財団による「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)」を受審し、4月3日付けで認証されました。国立大学附属病院では大阪大学医学部附属病院、九州大学病院、岡山大学病院、北海道大学病院に続いて全国で5番目、兵庫県内では初の認証機関となりました。
 今後も、神戸大学と連携して、海外患者の受け入れ体制を整備していくとともに、神戸医療産業都市の国際的な認知度向上に繋げていきます。
 ※メディカルクラスター:神戸医療産業都市に集積する高度専門病院群

1.外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)の概要

 外国人が安心・安全に医療サービスを受けられる体制が整備されているかを「受入れ対応」「患者サービス」「医療提供の運営」「組織体制と管理」「改善に向けた取り組み」の5つの観点から評価するものです。

JMIP認証書
           認証書

2.問い合わせ先

神戸大学医学部附属病院
インターナショナル・メディカル・コミュニケーションセンター
TEL:078-382-6855 E-mail:imcc@med.kobe-u.ac.jp