神戸市-KOBE-


「宅地防災月間」行事の実施

記者資料提供(平成31年4月26日)
建設局防災部防災課

「宅地防災月間」行事の実施

(5月1日から5月31日)

 神戸市では、梅雨期を控えた5月を「宅地防災月間」と位置づけ、市民及び宅地造成関係者に対し、災害防止のため啓発行事を実施します。

◆実施目的

 梅雨期を控え、市民および宅地造成関係者に対し、崖崩れや土砂の流出による宅地災害防止の注意を促すとともに、自主的な防災対策の促進によって安全な宅地の確保に努める。

◆実施機関

 主催      神戸市建設局
 協賛      兵庫県警察本部・兵庫県宅地防災推進協議会・神戸市消防局
 参加・協力機関 神戸市危機管理室・神戸市都市局・神戸市経済観光局、区役所ほか

◆主な予定行事

1 宅地防災技術研修会の開催

 (1) 日時:5月23日(木曜)15時から17時 (2) 講演:第1部 「石積み擁壁の健全性評価と対策」
            神戸大学大学院工学研究科教授 澁谷 啓 氏
       第2部 「宅地周辺の土砂災害に備える」
                        〜平成30年7月豪雨災害の教訓〜
             一般財団法人建設工学研究所 代表理事・神戸大学名誉教授  沖村 孝 氏
 (3) 場所:三宮研修センター5階 505会議室
 (4) 参加予定:宅地造成関係設計者・工事施工者・不動産業者等 約100名

2 現場パトロール

 (1) 日時:5月30日(木曜)午後
 (2) 場所:市内の造成工事現場のうち数ヶ所
 (3) 参加機関:神戸市建設局(防災部防災課・建設事務所)ほか

3 パネル展示

 (1) 日時:5月16日(木曜)から5月29日(水曜)
 (2) 場所:さんちか 花時計ギャラリー
 (3) 展示内容:宅地造成等規制法の趣旨、宅地擁壁の点検チェックポイント

4 その他

  神戸市ホームページでの啓発記事掲載、横断幕の設置(5月7日から21日)