神戸市-KOBE-


「広報紙KOBE」が2年連続入選3席を受賞!!

記者資料提供(平成31年4月25日)
市長室広報戦略部広報課

平成31年全国広報コンクール

「広報紙KOBE」が2年連続入選3席を受賞!!

 平成31年全国広報コンクール(主催:公益社団法人日本広報協会)において、「広報紙KOBE」(平成30年11月号)が入選3席を受賞しました。 同コンクール広報紙部門における神戸市の受賞は、平成26年以降5度目となります。
 これからも「読んだら神戸が好きになる広報紙」をお届けし、より神戸への誇りや愛着を持ってもらえるよう、内容の充実を図っていきます。

1.全国広報コンクールの概要

 地方自治体の広報活動の向上に寄与することを目的に、各種広報作品についてコンクールを行い、優秀作品を表彰。公益社団法人日本広報協会が主催し、昭和39年から実施。審査は、広報紙、ウェブサイトなど5媒体を、自治体の規模により10部門に分けて実施。
 

2.「広報紙KOBE」(平成30年11月号)の受賞

表紙(1)部門:広報紙(都道府県・政令指定都市部)(応募作品数:51点)
(2)受賞:入選3席(特選、入選1席、入選2席に続き4番目の賞)
(3)講評:「読んだら神戸が好きになる広報紙」がキャッチフレーズなだけに、この「読んだら」を実現するための、さまざまな工夫が施されている。タブロイド判での左開き、横組みという新しいレイアウトや、1ページあるいは見開き単位の内容構成、タイトルや見出しなどの視認性の高い文字デザインなど、たとえ全部は通読しなくても、読者層それぞれの「好き」に応じた読み方ができる編集になっていて、その反応が期待できる。商店街・小売市場の活力化を図った特集は、プロジェクトの概要、商品と作り手のインタビュー等、読者に商店街へ促す編集となっている。

【参考】「広報紙KOBE」の概要

・全市版13頁と区民版3頁で構成(タブロイド判)し、毎月1回発行
・市内各戸および区役所、区民センター等の公共施設など約84万部配布
・平成29年5月号より、見やすさを向上するとともに、若い世代にも市政に関心を持ってもらえるよう、デザインをリニューアル
・平成30年5月号より、可読性を高めるため、左開きと横組みのレイアウトに変更