神戸市-KOBE-


神戸観光局の多言語ホームページやガイドブックを大幅リニューアル!

神戸観光局ロゴ

記者資料提供(平成31年4月12日)
一般財団法人神戸観光局

神戸観光局の多言語ホームページやガイドブックを大幅リニューアル!

神戸在住の外国人の視点で、より魅力的なスポットやコンテンツを多数紹介!

 (一財)神戸観光局では、昨年11月に策定した「インバウンド戦略」において、2020年に訪神外国人(インバウンド観光客)を200万人にするという目標を掲げています。
そのための誘致・宣伝ツールとして、この度、神戸在住の外国人の方々を活用し、神戸公式観光サイト「Feel Kobe」と旅行会社等向けガイドブック「Kobe Tourism Guide Book」の抜本的なリニューアルを行いましたのでお知らせいたします。

フォトジェニックアワード

1.多言語ホームページ「Feel Kobe」

 昨年7月にトップページの改修を実施し、今年2月には「フォトジェニックサイト・アワードBEST100(※1)」に選定された、多言語ホームページの大幅リニューアルを実施しました。これにより神戸のスポットやコンテンツをより分かりやすくご覧いただけます。
多言語サイト トップページ(http://plus.feel-kobe.jp/)
 (1)特徴
  ・マーケティングに基づく人気コンテンツページ(神戸牛、有馬温泉、日本酒)を新設
  ・モデルコースを神戸在住外国人が選定したものに変更
  ・Trip Advisor(トリップ・アドバイザー)と連携
  ・エリア表示を大括り化(Central, Northern, Eastern・・・)
  ・Seasons(四季)、Sports(スポーツ)、Emergency(災害情報)等のページを新設
  ・動画専用ページの新設(動画掲載スポットを紹介)
  ・観光施設情報のネイティブチェック・リライトを実施
 (2)言語
  ・英語、韓国語、繁体字、簡体字
 (※1)観光庁ホ−ムペ−ジ記載の全国市町村及び観光協会が運営する1,700以上の公式Webサイトの中から、(一社)日本フォトツーリズム協会が選定

2.旅行会社向けガイドブック「Kobe Tourism Guide Book」

 海外での配布を主な目的としたガイドブックを、外国人目線を取り入れながら、より魅力的な宣伝ツールとなるようリニューアルしました。
 (1)特徴
  ・神戸在住外国人が登場し、おすすめの観光スポット・コンテンツをPR
  ・エリア表示を大括り化(Central, Northern, Eastern・・・)
  ・フォトジェニックな写真を多用(気に入った写真はFeel Kobeからダウンロード可能)
 (2)言語
  ・英語
 (3)配布先
  ・海外の旅行会社・メディアなど
  ・電子版はFeel Kobeで掲載(http://plus.feel-kobe.jp/guidemap/)

<参考:多言語ホームページ「Feel Kobe」>

webページ1

<参考:旅行会社向けガイドブック「Kobe Tourism Guide Book」>

ガイドブック