神戸市-KOBE-


平成31年度の空き家・空き地活用の補助制度を開始します

記者資料提供(平成31年4月1日)
都市局
計画部空家空地活用課

平成31年度の空き家・空き地活用の補助制度を開始します

―住環境改善支援制度(隣地統合補助)、神戸市空き家再生等推進事業等−

 市内の空き家住宅は、約10万8千戸(全住宅の13.1%)あり、特に売却用でも賃貸用でもない「その他空き家」が約3万7千戸と推計されています。そのうち約2万8千戸が、腐朽・破損がないにもかかわらず、賃貸や売却にも出されていない状況です。(データは総務省 平成25年住宅・土地統計調査)
 このような使える空き家の有効活用が課題となっているところです。そこで、本市では、空き家・空き地の利活用を促進するため、一部の制度は拡充することとし、引き続き実施します。

(1) 住環境改善支援制度(隣地統合補助) 

 狭小空き家など、単独では、市場価値が低く流通困難な物件を隣地との統合により解消し、住環境の改善を促進するため、隣地統合の際にかかる登記費用、不動産仲介手数料等の一部を補助します。
 あわせて、隣地統合を行った敷地について、日常一般に公開される通路や空地など住環境改善に寄与する空間の整備費の一部を補助します。なお、密集市街地再生優先地区(灘北西部・兵庫北西部・長田南部・東垂水)においては、本年夏頃より、地域の状況に応じた要件とした上で、隣地統合補助事業を実施する予定です。

隣地統合補助   ※平成31年度から補助金額(上限)を拡充しました。

◆補助要件等◆
 所有地または隣地いずれかが狭小地(60平方メートル未満)の場合、隣地を購入した買主(個人または法人)に対し、登記費用、不動産仲介手数料などの費用、上限50万円を補助
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。

空地整備費等補助

◆補助要件等◆
 隣地統合補助を交付された買主に対し、建替え等実施する際に、歩行者が自由に通行または利用できる空地の整備にかかる設計費、工事費など、経費の1/2(上限50万円)を補助
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。

(2) 既存住宅現況検査(インスペクション)・売買瑕疵保険の補助

 神戸市では、中古住宅の品質等に対する不安を払拭し、安心して中古住宅の売買が行えるよう、現況検査および売買瑕疵保険に関する経費の一部を補助します。

現況検査(インスペクション)補助

 現況検査(インスペクション)とは、住宅に精通した専門家が第3者の立場で、住宅の劣化状況を検査するものです。
◆補助要件等◆ 
 ・市内にある戸建て等の中古住宅(中古住宅市場に流通することとなる見込みのある住宅)の所有者または購入予定者(どちらも個人に限る)(共同住宅は対象外)
 ・補助金の額:現況検査に係る費用の1/2または25,000円のいずれか低い額
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。

売買瑕疵保険補助

 売買瑕疵保険とは、住宅に瑕疵があった場合、負担すべき補修費用を補填する保険制度。住宅専門の保険会社が保険を引きうけますが、保険会社により保険内容や条件、保険料が異なります。
◆補助要件等◆
 ・市内にある戸建て等の中古住宅(中古住宅市場に流通することとなる見込みのある住宅)の所有者または購入予定者(どちらも個人に限る)(共同住宅は対象外)
 ・補助金の額:瑕疵保険の付保に係る費用の1/2または37,000円のいずれか低い額
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。

(3) 神戸市空き家再生等推進事業

 空き家住宅及び空き建築物を地域の活性化に資する「神戸市空き家再生等推進事業」を実施し、地域活動や地域住民の交流拠点等の用途に活用する空き家の改修等を行う民間事業者等に対して、補助金を交付します。
◆補助対象◆
 1年以上空き家となっている建物を改修して、滞在体験施設、交流施設、体験学習施設、創作活動施設、文化施設などに利用するもの。
◆補助金額◆
 改修工事にかかる費用の3分の2
 ※但し改修内容ごとに補助上限額を以下のとおりとします。
  内外装等改修費用:1,333千円 耐震改修費用:1,000千円
◆応募期間◆
 申請受付は5月31日(金曜)の9時から17時まで(土日祝および12時から13時を除く)
◆その他◆
 ・審査会において、事業の実効性や継続性について審査を行いますので、必ず採択されるものではありません。
 ・申請にかかる工事は、補助金交付決定通知があるまで、契約及び着手できませんので、ご注意ください。
 ・上記期間中に応募がない場合は、二次募集等を行います。(ホームページにてお知らせします)

(4) 空き地地域利用事業

 使う予定のない空き地を地域利用することにより、空き地の減少及び適正管理並びに地域の活性化のために利用する団体へ、地域利用へ転用する初期経費(整備費等)の一部を補助します。
 また、無償で3年以上、上記団体へ貸していただける所有者へは、固定資産税等の(1年分)を補助します。

整備費補助  ※平成31年度から補助金額(上限)を拡充しました。

◆補助要件等◆
 ・対象者:自治会、婦人会、NPO法人等の団体
 ・補助対象:花壇、水栓等の整備費用や備品費用
 ・補助金額:1平米当たり1万円かつ最大100万円
 ・主な条件:すまいるネットで運営している「空き家・空き地地域利用バンク」に登録していること 等
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。

地域利用補助

◆補助要件◆
 ・対象者:空き地利用団体へ3年以上無償貸しする所有者
 ・補助金額:貸す空き地の固定資産税、都市計画税の税額相当1年分
 ・主な条件:すまいるネットで運営している「空き家・空き地地域利用バンク」に登録していること 等
◆募集期間◆
 申請受付は翌年1月31日まで。ただし、予算に達し次第、終了します。