神戸市-KOBE-


「広聴専門官」への民間人材の登用について

記者資料提供(平成31年4月1日)
市長室広報戦略部広聴課

「広聴専門官」への民間人材の登用について

1.概要

「市長への手紙」やネットモニターのほか、総合コールセンターや昨年11月から試験運用を行っている情報共有アプリ「KOBEぽすと」等の広聴事業を通じて、本市には、市民から市政に関して様々な意見等が寄せられています。
寄せられた「市民の声」に対しては、これまでもできるかぎり施策に反映するとともに、個別に対応してきましたが、このたび、民間企業経験者の視点やノウハウを活用することで、市職員の新たな気づきや改善策の企画・立案などの検討に活かすことを期待して、「広聴専門官」を配置して民間人材を登用します。

2.氏名

村井 広和(むらい ひろかず) 57歳・男性

 

3.最終職歴

パナソニック株式会社 AIS社 エナジーデバイス事業部 CS部
お客様対応担当課長

4.主な職務内容

民間経験を活用した「市民の声」の整理分類・分析、対応策の企画・検討など

5.任用期間等

一般任期付職員 平成31(2019)年4月1日〜平成32(2020)年3月31日(1年)
※勤務実績等により任期の更新があり、最長で2024年3月31日まで

6.選考過程

応募総数22名、合格者1名
書類選考:書面による職務経験等の実績審査
第一次選考:個別面接、事前課題レポートの審査
第二次選考:個別面接

(参考)平成29年度に寄せられた主な「市民の声」の件数

 要望・依頼         8,717件
 提言・提案          313件
 市政への意見・苦情   1,702件
 応対苦情           307件