神戸市-KOBE-


北神急行線と市営地下鉄の一体的運行について

記者資料提供(平成31年3月29日)
企画調整局
政策企画部交通政策課

北神急行線と市営地下鉄の一体的運行について

 神戸市は、北神急行線の運賃低減に向けた検討として、市営地下鉄との一体的運行(阪急電鉄グループからの資産譲受)の可能性について、昨年末に阪急電鉄株式会社と協議を開始しました。
 
 一体的運行の実現に向けて、阪急電鉄グループが保有する北神急行線にかかる資産等を、神戸市交通局が譲渡を受けるにあたっての、譲渡価格や残債務の取り扱いといった譲渡条件について、協議を進めてきました。

 このたび、北神急行線の運賃低減を図りつつ、交通局の経営的にも持続可能であると考えられる譲渡条件で、交通局が北神急行線にかかる資産等の譲渡を受けることについて、阪急電鉄グループと基本合意に達しました。
 
 今後神戸市は、北神急行線と市営地下鉄の一体的運行の実施に向けて、準備を進めていきます。

1.一体的運行後の運賃について

  谷上〜三宮間が280円となる水準を目指します。

2.一体的運行の実施日について

  2020年度中、遅くとも2020年10月1日までに実施することを目指します。

3.資産等の譲渡条件について

  北神急行線にかかる資産等の譲渡価格は、資産等に瑕疵がないことを前提に、198億円(税別)とします。
  なお残債務は、神戸市及び神戸市交通局は引き継ぎません。