神戸市-KOBE-


栄養バランスからレシピを提案するアプリ「SIRU+(シルタス)」実証実験開始 3月29日10時オープニングイベント開催@ダイエー神戸三宮店

記者資料提供(平成31年3月22日)
医療・新産業本部 企業誘致部 企業立地課

スタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」第1号

栄養バランスからレシピを提案するアプリ「SIRU+(シルタス)」実証実験開始 3月29日10時オープニングイベント開催@ダイエー神戸三宮店

シルタス株式会社は神戸市と協働で、スマホアプリ「SIRU+(シルタス)」を使用した実証実験を、平成31年3月29日より市内13店舗のスーパーマーケット「ダイエー」の協力を得て行います。このアプリはスーパーのポイントカード情報をスマホアプリに登録しておくだけで、日々の買い物データから自動で不足栄養素を分析し、おすすめレシピを提案するものです。
実証実験開始日の3月29日(金曜)10:00〜ダイエー神戸三宮店にて、病院や食品メーカー等と協力し、抽選会や健康チェックができる、オープニングイベントを開催いたします。
若い方からシニアの方まで楽しめて、健康をより身近に感じることができるイベントですので、ぜひお越しください。

この取組は、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す目的で、スタートアップから最先端のテクノロジーを用いたソリューション及びその実証実験の提案を受け、社会・行政課題の解決を目指す「Urban Innovation KOBE +P(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」事業(平成30年10月より実施)の一貫として行うものです。(『+P』はプロポーザル(提案)の意味)シルタス株式会社との取り組みは、本事業の第1号となります。

スマホアプリ「SIRU+(シルタス)」概要

・スーパーマーケットのポイントカードと家族構成などの利用者情報を事前に設定しておけば、日々の購入データが自動的にアプリに登録され、栄養バランスを診断。
・不足している栄養素を含むおすすめ食材やレシピを提案することで、栄養バランスの良い食事づくりをアシストする。
・買い物という日常生活のタスクを健康行動に変えることで神戸市民の“頑張らない”健康増進をサポートする。
※レシピはクックパッドと連携

シルタスアプリイメージ
(実証実験で使用する「SIRU+」アプリ イメージ)

1.実証実験について

<開催日時>

平成31年3月29日(金曜)から平成31年6月末(予定)まで

<参加店舗>

以下のダイエー13店舗で購入したデータがアプリに連携される。
西神中央店、神戸三宮店、本山店、六甲道店、湊川店、名谷店、ポートアイランド店、
板宿店、神戸学園店、灘店、新神戸店、六甲アイランド店、舞子店

<SIRU+利用方法>

シルタス利用方法
1 家族構成などのプロフィール情報や、ポイントカードを登録します。
2 購買履歴が自動的にスマホに取り込まれます。
3 栄養に変換され、日頃の栄養バランスが分かります。
4 不足の栄養を補うオススメの食材やレシピが分かります。
※具体的な利用手順はページ下部のチラシをご参照ください。

<オープニングイベント実施概要>

【実施日】平成31年3月29日(金曜)10:00〜18:30
【場所】ダイエー神戸三宮店 1Fコンコース(受付場所:1F正面入り口前)
【参加企業】シルタス株式会社、株式会社ダイエー、三聖病院、キユーピー株式会社、ハウス食品株式会社 等
【実施内容】
・スマホアプリ「SIRU+(シルタス)」の実演
・アプリをダウンロードして、抽選でプレゼントがもらえるキャンペーン
・骨密度や血糖値・筋力測定等の健康チェック
・測定結果を基にした、健康相談会・栄養相談会
・シニアのための栄養講習会・展示即売会 等

2.会社概要

シルタス株式会社 SIRUTASU Inc.
【代表者】代表取締役 小原 一樹
【設立】2016年11月
【住所】東京都港区六本木5丁目9-20 六本木イグノポール 5F
【URL】https://corp.sirutasu.com/
【アプリURL】https://sirutasu.com/
【会社概要】
買い物という日常生活のタスクを健康行動に変えることで、“頑張らない”で健康に近づくことを目指し、食に特化した ヘルスケアアプリ「SIRU+」のシステム開発と、「SIRU+」を活用したデータマーケティングの運営を行っている。
神戸市が2017年度まで実施していた、神戸スタートアップオフィス事業の第5期(2017年12月〜2018年2月)の参加企業。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。