神戸市-KOBE-


政令市・近隣市で最も手厚い「予防接種」のサービス開始

記者資料提供(平成31年3月18日)
保健福祉局
保健所予防衛生課

政令市・近隣市で最も手厚い「予防接種」のサービス開始

〜スマホ用アプリ「KOBE予防接種ナビ」の利用開始・任意予防接種費用助成の拡充〜

  乳幼児を感染症から守るため、複数のワクチンを接種することが必要となっていますが、ワクチンによって接種期間や回数、接種間隔が異なることから、接種忘れや接種間隔の間違いが多く生じており、市民から接種スケジュールが複雑といった声が寄せられています。
 そこで、このような市民の声に対応するため、乳幼児期の接種スケジュールの管理を手軽にできるスマートフォン用アプリ「KOBE予防接種ナビ」を、4月1日から利用していただけるようになりました。
 また、4月より、子育て世代からの需要が高い、任意の予防接種である「おたふくかぜワクチン」や「ロタウイルスワクチン」について助成制度を新設し、小児インフルエンザワクチンの助成額も拡充します。
 これらを利用していただくことにより、子育て世代の方々の負担軽減を図り、これまで以上に子育てしやすい環境を整備していきます。

予防接種スケジュール管理アプリ「KOBE予防接種ナビ」の利用開始

1.利用開始日

平成31年4月1日(月曜) 利用料無料

2.主な5つの機能

(1)接種スケジュール管理機能
乳幼児の生年月日や過去の接種歴などから、接種スケジュールを自動提案するほか、急な発熱などで接種予定日が変更となった場合の再調整など、個人の状況に応じた接種管理が簡単にできます。
(2)お知らせ配信機能
接種予定日や感染症流行情報などを随時お知らせします。
(3)医療機関検索機能
ワクチン接種ができる医療機関までの道順を案内します。
(4)多言語翻訳機能
英語・中国語・韓国語・ベトナム語の4ヶ国語に対応しています。
(5)その他
「ママフレ」サイトとのリンクにより、予防接種の他、子育てに必要な情報も案内します。

任意予防接種助成の拡充

1.小児インフルエンザワクチン(1〜12歳児)接種費用助成の拡充

毎年2回接種を行ううち1回目の接種について、助成額を1,360円から2,000円に拡充します。

2.「ロタウイルスワクチン」または「おたふくかぜワクチン」接種費用助成制度の新設

平成31年4月以降の出生児が3歳になるまでの間に、いずれかの接種費用を2回(上限2,000円/回)助成します。