神戸市-KOBE-


「おくる電(神戸市病院送迎紹介コールセンター)」の開設

記者資料提供(平成31年2月21日)
消防局
総務部総務課
警防部救急課

病院へ行く手段の適切な使い分けに向けて

「おくる電(神戸市病院送迎紹介コールセンター)」の開設

−全国初の取組み−

1.救急出動件数の増加について

平成30年の救急出動件数は88,605件(前年比5,424件(6.6%)増)で過去最多となっています。
インフルエンザの流行や災害級の猛暑も影響して激増し、救急出動の逼迫も多く発生しました。

救急出動件数と前年比割合のグラフ

月別救急出動件数のグラフ

今後も高齢化社会の進展等により、さらに救急需要が増えると予想されるなか、適切な救急車の使い分けが、社会として求められています。

2.救急安心センターこうべ(#7119)の活用

救急車を利用するべきか迷ったら#7119番で相談し、緊急性の有無を判定してもらうことで、病院へ行く手段の適切な使い分けに繋がります。ただし、緊急のときは迷わず119番通報してください。

3.病院送迎紹介コールセンター(愛称)「おくる電」の開設

救急車を呼ぶほどではないけれど、病院に行くときの交通手段に困ることがありませんか。
このたび、神戸市では簡単に最寄りのタクシー会社を予約できるコールセンター(おくる電)を、3月1日(金)に開設します。
歩ける方には一般のタクシーを、介助・介護が必要な人には介護タクシー(※注)を、乗る場所に近い会社から選んで電話をつなぎます。
困ったときはぜひ利用してください。
なお、当該プロジェクトは、昨年度のUrban Innovation KOBE 2017の事業として作成したアプリ「さぽのる」の実証結果をもとに、新たに構築するロボットによる自動応答コールセンターです。
※注:民間救急車(患者等搬送事業者)、介護タクシー、福祉タクシー等。車椅子やストレッチャーによる乗車、階段昇降の介助等を受けられる事業者もあります。

4.「おくる電」の概要

●ロボットによる自動応答電話システムとなっており、全て声でやり取りできます。
●乗る場所に一番近い会社を選別し、3社まで紹介します。
●利用者が紹介された事業者を1つ選ぶと、利用者と事業者は直接通話できるようになるので、具体的な予約内容を直接やりとりできます。
●利用の対象者は、病気等があっても、緊急性のない症状の方を想定しています(救急車が必要と判断した場合には、救急車を要請してください)。
●歩ける方(介助・介護等が不要な方)には、一般タクシー事業者の方をご紹介します。
●登録料やシステム利用料は無料です(通話料のみかかります。)。ただし、運賃は別途支払う必要があります。
●救急安心センターこうべ(#7119)からも紹介します。

5.利用の一例

●車に乗るとき手助けがほしい
●足元が不安でバスや電車の利用が難しい
●病院へ行くのに、タクシーに迎えに来てほしい
など

6.概念図

おくる電の概念図

7.「おくる電」がお聞きする内容

○歩けますか?(歩ける方には一般タクシーをご紹介します)
○乗る場所と降りる場所の区と町の名前(病院名でも認識できます)
○何月何日の何時に利用しますか?
○車椅子などは必要ですか?
など

8.ご紹介できる会社等( 2月21日現在 )

○市内各地域で運行している一般タクシー会社・無線協同組合加盟会社など17社
○市内の介護タクシー、患者等搬送認定事業者など   約60数社

おくる電の案内チラシ