神戸市-KOBE-


市民PHRシステム「MY CONDITION KOBE」が完成しました!!

記者資料提供(平成31年2月19日)
保健福祉局健康部健康政策課

スマホアプリでの「見える化」により、健康への第一歩を!

市民PHRシステム「MY CONDITION KOBE」が完成しました!!

 神戸市では、誰もが健康になれるまち「健康創造都市KOBE」を目指しています。
 健康寿命を延伸し、社会経済的要因による健康格差を縮小していくため、この度、神戸市と国立研究開発法人理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムは、市民が自らの健康状態を把握し、楽しみながら健康になれるよう、市民PHRシステム「MY CONDITION KOBE」を共同開発しました。

1 市民PHRシステムの背景

 神戸市と国立研究開発法人理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムは、「市民パーソナルヘルスレコードシステム(PHR)の開発に関する事業についての協定」を締結し、協定に基づき、システムの共同開発を行いました。今後、健康データに基づいた健康増進のしくみに関する共同研究などを進める予定です。

2 市民PHRシステム「MY CONDITION KOBE」とは

 スマートフォン向けアプリを活用し、利用登録した市民が、自身の歩数や食事等の「からだ」や「くらし」の情報と、市が保有する各種健診結果をまとめて管理することができます。また、個人ごとの統合データを基に、スマートフォンで「くらし」や健康に関するアドバイスを受けることができます。

3 「MY CONDITION KOBE」スマホアプリでできること

(1)自分の健康状態がわかる!
(2)健康情報を一つのアプリにまとめられる!
(3)まとめた健康状態に応じてアドバイスをうけることができる!
(4)ポイントや特典で楽しみながら健康になれる!
※食事・運動等の情報の入力、歩数等の健康目標の達成、健康診断の受診等によって、ポイントが貯まります。

4 利用対象者

 平成31年度は、神戸市に住民登録をしている国民健康保険被保険者・介護保険被保険者(65歳以上)・生活保護受給者の方を対象者とします。
※スマートフォンに専用アプリをダウンロードし、利用登録していただく必要があります(本人確認の手続きがあります)。
※上記に当てはまらない方でも、神戸市に住民登録をしていれば、スマホアプリの利用は可能です。

5 利用開始までの流れ

(1)神戸市のホームページ(PC・スマートフォン)から「MY CONDITION KOBE」サイトにアクセスし、利用登録画面からメールを送信、折り返しメールアドレスに届く「登録案内メール」に従って、必要な情報を入力して仮登録を完了させます。
(2)市から郵送するハガキの案内に従い、スマートフォンから専用アプリ「カラダかわるNavi」をダウンロードし、利用者ごとのパスコードを入力して、利用開始します。
(本人・住所等の確認のため、ハガキの郵送まで約2週間を要します。)
※神戸市ホームページ http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/kenkousouzoutoshi/index.html
※「カラダかわるNavi」は株式会社リンクアンドコミュニケーションが開発したAI健康アプリケーションです。

6 運用スケジュール

(1)利用者登録受付:平成31年3月4日(月曜)から
(2)運用の開始(予定):平成31年4月1日(月曜)から

7 対象OS

iOS、Android

8 アプリの概要に関するお問い合わせ

神戸市総合コールセンター
電話 078-333-3330(8:00〜21:00)

9 参考資料

・市民PHRシステム「MY CONDITION KOBE」の仕組み
・「MY CONDITION KOBE」チラシ

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。