神戸市-KOBE-


自治体初!デジタルサイネージ機能を備えたモバイルバッテリーシェアリングサービス「 Charge SPOT 」を設置します

記者資料提供(平成31年2月1日)
企画調整局 政策企画部 企画課
経済観光局 観光MICE部 観光企画課
(一財)神戸観光局 観光部
交通局 経営企画部 営業推進課

自治体初!デジタルサイネージ機能を備えたモバイルバッテリーシェアリングサービス「 Charge SPOT 」を設置します

 神戸への観光客など来街者や市民のみなさんが、外出時にスマホのバッテリーが切れてしまった時に、充電器やコードを持っていなくても、最寄りのチャージスポットで持ち運び可能なスマホ充電器を借りて(有料)、別のチャージスポットに返却できるモバイルバッテリーシェアリングサービス機器の設置を始めます。
 当モバイルバッテリーシェアリングサービス機器には、バッテリースタンドとともに、デジタルサイネージ機能が備わっており、市政情報や観光・イベント情報の発信等に活用します。
 「Charge SPOT」を、自治体が所有する施設に設置するのは、全国で初めてとなります。

1.設置概要

 設 置 日:平成31年2月7日より順次設置予定
 設置場所:神戸市役所1号館1階ロビー(2月7日設置)        ※LLタイプ1台
        神戸市総合インフォメーションセンター(2月7日設置) ※Sタイプ2台
        新神戸観光案内所(2月7日設置)             ※Sタイプ1台
        神戸市営地下鉄三宮駅(2月7日設置)          ※LLタイプ1台
        神戸市営地下鉄新神戸駅(2月中旬ごろ設置予定)  ※LLタイプ1台
※2月7日14時30分より、市役所1号館1階のロビーで、市長と(株)INFORICH代表取締役秋山広宣氏が共同で、機器のお披露目会を実施いたします。

2.イメージ

画像

3.設置機器について

機器名称

「Charge SPOT」(機器提供・設置主体:(株)INFORICH (本社:東京都渋谷区、
代表取締役:秋山 広宣)

機器概要

デジタルサイネージ機能を備えたモバイルバッテリーシェアリングサービス機器。
観光客など来街者や市民のみなさんが、外出時に携帯バッテリーが切れてしまっ
た時などに、いつでも最寄りのチャージスポットで持ち運び可能なスマホ充電器
を借り、別のチャージスポットに返却することが可能。
神戸市は、デジタルサイネージにおいて、市政情報や観光・イベント情報などを
発信することが可能。

設置箇所

本サービスは2018年の4月から日本で開始され、東京都を中心に、商業施設、飲食店等で設置箇所が増加しており、平成31年1月末時点で、全国で806箇所(関西エリア139箇所、市内8箇所)に設置済みである。
2019年1月からは、東京駅一番街に全国の鉄道駅構内ではじめてチャージスポットが設置されている。今後、全国の鉄道駅や空港など移動の拠点となる場所や、観光・スポーツ施設等へ拡大が計画されており、さらに利便性が向上することが期待される。

利用方法

1.アプリケーションをダウンロードし、利用登録を行う。
2.チャージスポットのある場所を検索し、チャージスポットに着いたら、機器画面
上からQRコードを読み取ります。
3.バッテリーが取り出し可能となり、持ち運び充電が可能となります。
4.返却時、チャージスポットのある場所を検索し、空きスロットにバッテリーを返却
します。

モバイルバッテリー利用料金

・1時間以内に返却:150円(税込162円)
・1時間を超えて48時間以内に返却:300円(税込324円)
(48時間以上)返却ない場合は買取:2280円 (税込2463円) 

バッテリーの仕様

容量  :5,000mAh
対応規格:Lightning/Micro USB/USB Type-C

4.その他参考

・兵庫県立大学神戸商科キャンパス食堂内や、六甲山観光(株)の観光施設などでも、同チャージスポットが設置予定であるなど、今後市内で設置箇所が拡大の見込み