神戸市-KOBE-


KIITO:椎原保展「旅する KIITO」 開催!

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

記者資料提供(平成31年1月31日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

KIITOアーティスト・イン・レジデンス2018

KIITO:椎原保展「旅する KIITO」 開催!

 神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、次のとおり展覧会を開催いたしますので、ぜひご参加ください。

画像
KIITOをめぐる旅へご招待します。
神戸のまちや人、この場とも対話を重ね「感じる」旅をご用意しました。
いつもと違うKIITOを探検することになるでしょう。みなさまのお越しをお待ちしています。


KIITOアーティスト・イン・レジデンス招聘作家として、約9か月にわたりリサーチ・制作を行ってきた椎原保(しいはら・たもつ/1952年大阪府池田市生まれ、京都市在住)の展覧会を開催いたします。
椎原は、この制作期間を「旅」だと捉え、神戸のまちやKIITOをじっくり観察し、出会う人たちと対話をしてきました。それらの感じられた経験を、KIITO1階すべてを使った広大な空間で配置、展開します。それは、まさに旅のよう。ぜひKIITOを感じる旅へお越しください。


写真:椎原保 撮影


開催概要

|タイトル|KIITOアーティスト・イン・レジデンス2018 椎原保展「旅する KIITO」
|会期|平成31年3月15日(金曜)〜4月7日(日曜) 11時〜19時
|休館|月曜日(祝日は開館し、翌火曜日休館)
|会場|デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 1F
|入場|無料
|主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸

関連イベント

【オープニングイベント】

作家を囲んで展覧会のオープンをお祝いしましょう。作家による展示解説も行います。
|日時|3月15日(金曜)18時〜20時  |対象|どなたでも  |参加|無料、要申込、定員50名(先着順)

【ティータイム】

会場内でお茶を飲みながら、作品や今回の制作について、作家と自由にお話ししましょう。
|日時|3月21日(木曜・祝日)14時〜16時  |対象|16歳以上  
|参加|無料(お茶付き)、要申込、定員6名(先着順)

【探検ツアー】

作家の案内のもと、探検するようにKIITO内と展示をめぐります。
|日時|3月26日(火曜)13時〜15時  |対象|9〜15歳  |参加|無料、要申込、定員4名(先着順)

アーティストプロフィール

画像椎原 保(しいはら・たもつ):現代美術家。1952年大阪府池田市生まれ、京都市在住。京都市立大学美術学部西洋画科卒業。主な展覧会に、1984−5年「現代美術への視点−メタファーとシンボル」展(東京国立近代美術館/国立国際美術館)、1985年「アート・ナウ’85」展(兵庫県立美術館)、1998年「椎原保+藤枝守」展(佐賀町エキジビットスペース)、1999年「線の表情」(国立国際美術館)、2014年「無人島にて−「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」(京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ)など。


「ephemera: ここのむこう」展示風景(成安造形大学ライトギャラリー、平成24年、撮影:加納俊輔)

画像

画像

KIITOでの制作風景

画像

画像