神戸市-KOBE-


第12回兵庫県高校生英語ディベートコンテストを開催

記者資料提供(平成31年1月28日)
公立大学法人神戸市外国語大学

第12回兵庫県高校生英語ディベートコンテストを開催

 2月10日(日曜)に、兵庫県下20高校の生徒が、英語でのディベートコンテストに臨みます。第12回となる今回の論題は、「日本国は、本人の意思による積極的安楽死を合法化すべきである。是か非か」です。2校が「肯定」「否定」の陣営に定められ、ルールに従ってそれぞれの立場から主張や反論を述べ、中立の審判によって勝敗を決します。これまで、「オリンピック廃止」「日本の積極的な移民受け入れ」「自衛隊の国連PKOへの積極派遣」と、タイムリーな問題について、高校生が知識とディベートのテクニックを駆使して取り組んできました。
 1チームは3〜4人、参加校は4ブロックの予選で、肯定・否定側を各1対戦行います。上位8チームによる決勝トーナメントでは、くじにより肯定・否定側が決まります。
 英語のディベートは、英語の読み書きや会話の技能に加えて、論理的思考力を必要とし、その取り組みにより、総合的な英語コミュニケーション能力を向上するもので、兵庫県高等学校教育研究会英語部会などが主催する本大会を、神戸市外国語大学は後援しています。
 高校生の真剣な取り組みを、ぜひご取材いただきたく、ご案内申し上げます。

日時

2019年2月10日(日曜) 8時30分受付〜16時50分

場所

神戸市外国語大学(西区学園東町9-1 市営地下鉄「学園都市」駅徒歩3分)

主催

兵庫県高等学校教育研究会英語部会、兵庫県高校生ディベートコンテスト委員会

後援

兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、神戸市外国語大学

協賛

株式会社ベネッセコーポレーション、オックスフォード大学出版局

論題

Japan should legalize voluntary active euthanasia.
  「日本国は、本人の意思による積極的安楽死を合法化すべきである。是か非か」

スケジュール

9時10分          開会式(大ホール)
9時45分〜12時15分  予選(3ラウンド)(学舎3・4階教室)
13時25分〜15時05分 準々決勝、準決勝(学舎3・4階教室)
15時30分〜16時10分 決勝(大ホール)
16時30分         閉会式(大ホール)

参加校

葺合・神戸大附属・尼崎小田・川西緑台・宝塚西・芦屋・国際・芦屋国際・
関西学院・報徳学園・武庫川女子大附属・明石西・明石城西・加古川西・
姫路西・姫路飾西・県立大附属・飾磨・東洋大附属姫路・山崎
 ※一般・高校生の参観は無料です。


○取材お申し込み
 2月8日(金曜)15時までに、下記あてご連絡ください。
  経営企画グループ企画広報班 TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020

【担当】
 経営企画グループ企画広報班 天野・木原・山本
 TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020
 E-mail:koho-core@office.kobe-cufs.ac.jp