神戸市-KOBE-


神戸ソーシャルブリッジフォーラムの開催

神戸ソーシャルブリッジマーク

記者資料提供(平成31年1月28日)
市民参画推進局参画推進部市民協働課

神戸ソーシャルブリッジフォーラムの開催

〜一歩踏み出し社会貢献で神戸をよりよい街に!〜

◆趣旨◆

今年度、初めての試みとしてNPO・地域団体と社会貢献活動を希望する人材をつなぎ、地域社会課題の解決に協働して取り組む「神戸ソーシャルブリッジ」事業を実施しました。
1週間と2カ月の体験型支援活動において、子どもの学習支援や女性の働き方支援、地域コミュニティの活性化などに取り組む延べ17のNPO・地域団体などに対して、延べ79名の人材が住民意向調査、チラシの作成、長期的な事業方針の策定などの支援を行いました。
このたび、今年度の参加者が活動成果を報告することにより、社会貢献活動に取り組みたい人材に情報発信を行い、新たな活動につなげていくため「神戸ソーシャルブリッジフォーラム」を開催します。

◆日時・場所◆

平成31年2月9日(土曜)14:00〜18:30
新長田勤労市民センター(神戸市長田区若松町5丁目5番1号)

◆内容◆

(1)神戸ソーシャルブリッジ取組み報告
(2)「知っていそうで実は知らない社会を学ぶ&活動体験コレクション」
※支援先団体と参加者による活動発表 及び継続的に個別団体とつながる機会を提供
 1.NPO・地域団体×ITの挑戦
 2.多文化共生・国際交流
 3.次世代育成・こどもの学びを支える
 4.社会課題×ソーシャルビジネス
(3)パネルディスカッション
  テーマ:神戸のソーシャルビジネスとソーシャルブリッジの今後の可能性について
  パネリスト:ソーシャルビジネスマーク認証選考委員 能島 裕介
  ソーシャルブリッジ参加者 西岡 幸子
  ソーシャルブリッジ支援先団体 NPO法人まなびと 中山 迅一
  オブザーバー:久元市長
  ナビゲータ:NPO法人サービスグラント 嵯峨 生馬
(4)KOBEソーシャルビジネスマーク認証式 
  ※社会課題の解決に向けて自立的・持続的に提供されている事業であるソーシャルビジネスの先進的事例を認証します。
認証団体及び事業概要は別紙のとおり。
(5)交流会

◆参加者定員◆

200名

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。