神戸市-KOBE-


助成金を活用した新たながん検査法の開発が行われました

神戸医療産業都市20周年ロゴマーク

記者資料提供(平成31年1月28日)
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター

助成金を活用した新たながん検査法の開発が行われました

 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構が平成30年度より新たに創設した「神戸医療産業都市研究開発助成金」の採択事業「がん診断用エクソソーム自動分析装置の開発」について、国立大学法人神戸大学より別紙のとおり発表されましたのでお知らせいたします。

《研究内容についての問い合わせ先》

■神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻教授 竹内俊文
TEL: 078-803-6158; E-mail: takeuchi@gold.kobe-u.ac.jp
■神戸大学総務部広報課
TEL: 078-803-6696; E-mail:ppr-kouhoushitsu@office.kobe-u.ac.jp

(参考)

○助成金制度概要(対象部分抜粋)
  名称:神戸医療産業都市研究開発助成金(共同研究・共同事業枠)
  対象者:神戸医療産業都市に拠点を有する大学、研究機関、医療機関または企業等の法人、もしくは神戸市内に拠点を有する大学、研究機関または医療機関
  対象事業:神戸医療産業都市の発展に資する新たな技術や製品・サービスの創出に繋がると認められ、かつ他の企業や団体(神戸市外に立地するものでも可)と共同で行われる研究・事業
助成金額:限度額500万円、助成率1/2以内
助成対象期間:上限2年

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。