神戸市-KOBE-


勇敢かつ迅速な救助活動により線路に転落の男性を救助

記者資料提供(平成31年1月25日)
神戸市消防局
北消防署消防防災課

勇敢かつ迅速な救助活動により線路に転落の男性を救助

―1月28日に花時計賞伝達式を行います―

1 功績の概要

 平成30年12月17日(月曜)16時20分頃、神戸市北区緑町1丁目の神戸電鉄「山の街駅」上りホームから、62歳の男性が線路上へ転落する事故が発生しました。
 この事故を目撃した14歳の中学生2名と、助けを求める男性の声に気づいた65歳の男性がすぐに現場に駆け付け、神戸電鉄への連絡と救急車の要請を行ない、3名で協力し、転落した男性の救助活動を行いました。
 幸いにも転落した男性は、軽微なケガのみでしたが、神戸電鉄「山の街駅」は、その時間帯は無人駅で駅員はおらず、救助活動が遅れれば転落した男性が電車と接触する大きな事故になっていた可能性がありました。
 この度、この功績を称え、救助活動を行った3名に対し、「花時計賞」の表彰伝達式を行います。

2 日時

 平成31年1月28日(月曜)17時から

3 場所

 神戸市北区緑町7丁目1−27 コスモ神戸緑町集会所

4 受賞者(敬称略)

 大西 秋斗(オオニシ アキト)
 山本 明空(ヤマモト ミクウ)
 福永 誠 (フクナガ マコト)

【参考】 花時計賞とは

 人命救助、社会福祉活動など市民が行った日常生活における身近な善行等を表彰するものとし、その行為に対して市長から感謝の気持ちを表明するとともに、それを顕彰することにより、善意を社会に広め、市民のしあわせなくらしをつくる一助とすることを目的としています。