神戸市-KOBE-


きたむらさとし×柴田元幸講演会「絵は語り、言葉は描く−絵本作家と翻訳家の対話―」開催のお知らせ

記者資料提供(平成31年1月23日)
公立大学法人神戸市外国語大学

あの絵本、あの翻訳はこうして生まれた

きたむらさとし×柴田元幸講演会「絵は語り、言葉は描く−絵本作家と翻訳家の対話―」開催のお知らせ

 神戸市外国語大学では、下記の通り講演会を開催します。現代日本を代表する翻訳家で、アメリカ文学の研究者でもある柴田元幸氏と日本とイギリス両国で活躍中の絵本作家きたむらさとし氏の対談です。きたむらさとし氏によるライブペインティング、講演会後にサイン会も行います。
 また、本学学生を対象に、両氏による翻訳ワークショップも開催します。

1.講演会

(1)日時 
 平成31年2月9日(土曜)  14時〜15時30分

(2)場所 
 神戸市外国語大学 第2学舎 503教室
 (神戸市西区学園東町9丁目1 市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(3)テーマ 
 「絵は語り、言葉は描く−絵本作家と翻訳家の対話―」

(4)講師
 ■きたむらさとし氏
  絵本作家。挿絵作家。 デビュー作『ぼくはおこった』(評論社)で英国マザーグース賞、『ふつうに学校にいくふつうの日』(小峰書店)で絵本日本賞翻訳絵本賞を受賞(翻訳は柴田元幸氏)。『ぞうのエルマー』シリーズ挿絵、『柴田元幸ベストエッセイ』(2018)イラスト。朝日新聞「悩みのるつぼ」イラストなど。

 ■柴田 元幸(しばた もとゆき)氏
  客員教授、東京大学特任教授。
  『MONKEY』責任編集、『村上柴田翻訳堂』(新翻訳シリーズ)、最新翻訳書に『芥川龍之介選・英米怪奇・幻想譚』(2018)、ポール・オースター『インヴィジブル』(2018)、ジャック・ロンドン『犬物語』(2017)、スティーヴ・エリクソン『ゼロヴィル』(2016)など。翻訳大賞等多数受賞。

(5)対象者 どなたでもご参加いただけます。

(6)参加方法 当日先着順(参加費無料)

(7)絵本作家と翻訳家を囲む学生茶話会
  講演会後に、第2学舎 1階のスチューデントコモンズにて茶話会を開催します。(参加は本学学生のみ。)

2.翻訳ワークショップ

(1)日時  平成31年2月8日(金曜)  14時25分〜17時35分

(2)場所  神戸市外国語大学 205教室
      (神戸市西区学園東町9丁目1 市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(3)対象  本学学生・院生

3.取材について

取材希望の方は、平成31年2月7日(木曜)12時までに、下記へお申込みください。
  経営企画グループ企画広報班 電話:078-794-8106 FAX:078-792-9020


 【担当】
  外国学研究所 研究所グループ 田島
  TEL:078-794-8177 FAX:078-794-8160
  E-mail:kouen@office.kobe-cufs.ac.jp