神戸市-KOBE-


高校から「先生をつくる」授業実践発表会

記者資料提供(平成31年1月18日)
須磨翔風高等学校

高校から「先生をつくる」授業実践発表会

〜府県を超え、高大が繋がった教員養成の新たな挑戦〜

1.概要

 本校では、平成21年4月の開校以来10年間、国語科・英語科・数学科等と並び「教育科」を設定し、教育系の3つの学校設定科目を開講して神戸・兵庫の将来の教員養成に力を入れてきました。そして、10名を超える教員採用試験合格者を輩出しています。
 今回、教職課程がある公私立大学と連携し、県内外の教員養成系コースや教育科等を設置する7高校、教育委員会及び教員養成に取り組んでいる大学を招いて「第2回高校教職教育研究会」を開催します。研究会では、本校生徒が「教師役」・「生徒役」となり、模擬授業も行います。今年度は、姫路市や大阪市教育委員会事務局の方々にも参加していただき、高校改革・特色化や優秀な教員の確保に繋がる取組みとして、協議に加わっていただく予定です。

2.日時

平成31年1月25日(金曜) 11時30分〜受付開始

3.内容・日程

11時40分〜12時30分 公開授業「学内教育実習プログラム」模擬授業
 (大学生の教育実習のように、3名の高校生が各15分間授業を行います。)
12時30分〜13時10分 昼食・休憩
13時10分〜14時 開会・研究発表(1) 各高等学校(3校)の取組み紹介
14時10分〜15時 研究発表(2) 各大学(教職課程)の取組み紹介他
15時10分〜16時 研究協議 「高校教職教育の意義と課題」他
16時5分〜16時20分 講評(市教委他)・閉会

4.場所

神戸市立須磨翔風高等学校 
神戸市須磨区西落合1−1−5(神戸市営地下鉄 名谷駅下車 西方に徒歩約7分)
受付:会議室、公開授業:大講義室、
開会・研究発表・研究協議・講評・閉会:会議室

5.発表校等

発表高校 京都市立塔南高校(教育みらい科)、
       兵庫県立尼崎高校(教育と絆コース)、
       兵庫県立夢野台高校(普通科 教職類型)
参加大学 甲南大学教職教育センター、神戸市外国語大学教職課程、
       立命館大学教職教育総合センター、龍谷大学教職支援センター、
       姫路大学教育学部、同志社大学免許資格センター
       桃山学院教育大学入試課(以上決定)、他協定大学に案内中。

6.その他

 取材の際には、前日までに須磨翔風高校教頭(蔵本)まで(078−798―0474)ご連絡をお願いします。