神戸市-KOBE-


「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」の開催

記者資料提供(平成31年1月11日)
住宅都市局
建築指導部耐震推進課

「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」の開催

地震をはじめとした自然災害に備えた安全・安心なくらしを実現するために必要となる技術や知識,様々な支援制度等について,市民の皆さんに知っていただく・体験していただくために,「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」を開催します。
近い将来発生する確率が高いと言われている南海トラフ地震や,平成30年夏に日本全土で大きな被害をもたらした台風などの自然災害に対するあなたの備えは万全ですか?

会場

1.開催日時

平成31年1月16日(水曜)から1月25日(金曜)の10時から17時30分
※最終日のみ10時から12時

2.開催場所

神戸市役所1号館2階 市民ギャラリー(神戸市中央区加納町6丁目5番1号)

3.展示内容

展示物写真パネル展示,模型・実物展示,映像による展示を通じて,安全・安心なくらしや住まい・まちづくり,防災等に関する知識や技術,神戸市のさまざまな支援制度等を紹介します。
また,今回,展示物の一部について,出展事業者様の御協力の下,下記のとおりデモンストレーション,展示に関する出展者・専門家による解説等を行う予定です。

【デモンストレーション】

●平成31年1月16日(水曜),17日(木曜),20日(日曜) 各日10時〜17時30分
地震時の被害を疑似体験できる仮想現実(VR)体験システムのデモンストレーションを行います。(ただし,体験は,13歳以上限定。)
●平成31年1月16日(水曜),17日(木曜) 両日14時
誰でも簡単に鉄筋や埋設管等の位置が<非破壊>で把握できる世界最新技術を搭載したコンクリート内部探査用電磁波レーダのデモンストレーションを行います。

【実物展示】

・地震による家屋倒壊から簡便に生命を守ることのできる「防災ベッド」の実物を展示します。
・内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の研究成果である最新のレスキューロボット(配管内外・不整地等を移動できる世界初の索状ロボット(太径),悪環境での飛行と情報収集を行う飛行ロボット,救助犬の行動モニタリングと行動指示ができる世界初のサイバー救助犬スーツ)を展示します。

【実物模型・パネル展示】

・重要文化財の耐震改修補強等に活用されている,新開発の熱可塑性炭素繊維複合材料による耐震補強の実物模型を展示します。
・社会インフラの老朽化対策として注目される熱可塑性炭素繊維複合材料を活用した,照明ポール等の弱い地際を守る防蝕補強工法の実物模型を展示します。
・地震時に玄関ドアから退避できる耐震丁番デモ機や,軽量瓦屋根の模型,雨どいの水を貯水して多用な用途に活かせる雨水貯水タンクの実物模型を展示します。
・神戸に暮らすための中古住宅のリノベーションについて,耐震改修を施した事例と知っておくと便利な知恵・ノウハウ等を冊子やパネル等を利用して,紹介します。

4.出展予定者【主な展示内容】(順不同)

チラシ表一般社団法人兵庫県建築士事務所協会神戸支部【耐震改修の実例・模型】
株式会社ニッケン鋼業【防災ベッド】
KEYTEC株式会社【非破壊検査機器・構造物内部探査機】
国立研究開発法人防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター(E−ディフェンス)【VR】
小松マテーレ株式会社【新素材・工法】
ヨシモトポール株式会社【柱脚腐食改修】
G−FLAT株式会社【住宅リノベーション事例紹介】
特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構【レスキューロボット】
神戸市【防災備蓄品・啓発映像,阪神大水害被害記録・防災ガイド,住宅等耐震化支援制度】
神戸市消防局【感震ブレーカー,レスキュー50周年,防炎製品・グッズ】
一般財団法人神戸すまいまちづくり公社【危険ブロック塀撤去・住宅耐震化支援制度】

5. 主催

神戸市,神戸市消防局,一般財団法人神戸すまいまちづくり公社

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。