神戸市-KOBE-


英国スコットランド・アバディーン市長の来神及び覚書の締結

記者資料提供(平成31年1月9日)
企画調整局
政策企画部産学連携課

英国スコットランド・アバディーン市長の来神及び覚書の締結

 昨年6月、神戸市の訪問団がスコットランドのアバディーン市を訪問し、バーニー・クロケット市長と神戸市 久元喜造市長との間で、海洋産業の振興・人材育成についての連携や、水素・再生エネルギーに関する知見の共有等に連携して取り組んでいくことを確認する意思確認書を交わしました。
 このたび、アバディーン市長が神戸を訪れ、久元市長を表敬訪問するとともに、両市が上記意思確認書に基づく連携を一層円滑に進めるため、覚書を締結いたします。

1.覚書締結式について

(1)日時:平成31年1月9日(水曜)16時〜16時30分
(2)場所:市役所1号館16階 会見室
(3)署名者:英国スコットランド アバディーン市 バーニー・クロケット市長
         神戸市長 久元 喜造
(4)概要:
 本覚書により両市の協力の意思を確認するとともに、テーマを掲げて今後、協働していく。
 テーマ概要は次のとおり。
 ・両市の間で海洋に関する産業の振興・人材育成についての連携や、港湾に関する知見の共有を行う。
 ・水素・再生可能エネルギーの発展に向け両市が協力するとともに、アバディーン市の支援により、神戸市がWECP(※)へ加盟し、積極的な役割を果たす。
 ・両市の間の文化理解を促進するため、文化面での提携や活動の機会を模索する。

(※)WECP(World Energy Cities Partnership/世界エネルギー都市間パートナーシップ)について

メンバー都市:15カ国19都市(2019年1月現在)
年2回の総会実施時を中心に、エネルギー業界の知識・ノウハウの共有やメンバー都市間の交流及び連携事業の実施、ネットワーク形成の推進及び地元企業へビジネスチャンスの提供を行う。
加盟には総会の承認を必要とし、本市はアバディーン市の推薦を得て日本で初めての加盟を目指す。※原則1国につき1都市が加盟

<設立>1995年

<代表>会長:ハリファックス市長、副会長:アバディーン市長

アジア・
オセアニア
アティラウ(カザフスタン)、カラマイ(新疆ウイグル自治区)、
クアラルンプール(マレーシア)、大慶(中国)、ダンマーム(サウジアラビア)、
東営(中国)、ドーハ(カタール)、パース(オーストラリア)
アメリカカルガリー(カナダ)、St. ジョンズ(カナダ)、ハリファックス(カナダ)、
ビヤエルモサ(メキシコ)、ヒューストン(USA)、バランキージャ(コロンビア)
ヨーロッパアバディーン(スコットランド)、エスビャウ(デンマーク)、スタヴァンゲル(ノルウェー)
アフリカケープタウン(南アフリカ)、ルアンダ(アンゴラ)

2.アバディーン市長の来神について

(1)来神日程:
  1月8日 (火曜) 来神、夕食会
  1月9日 (水曜) 市内視察、市会及び市長表敬訪問、覚書締結式、レセプション
              表敬接受者:神戸市長 久元 喜造、副市長 寺崎 秀俊
                       神戸市会議長 北山 順一、副議長 平野 昌司
  1月10日(木曜) 市内視察、神戸大学訪問

  ※寺崎副市長の「崎」のつくりは、正しくは「大」ではなく「立」です。

(2)市長略歴: 2012年 アバディーン市議会議長就任
          2017年 アバディーン市長就任