神戸市-KOBE-


平成30年度 年末年始の救急患者数

記者資料提供(平成31年1月8日)
保健福祉局健康部地域医療課

平成30年度 年末年始の救急患者数

年末年始の救急医療体制

 神戸市では、年末年始においても、市民のみなさんが急病やケガのときにも安心して治療を受けていただけるよう、神戸市医師会の運営する急病診療所、民間病院等の当番制による病院群輪番制、市民病院等による救急医療を実施しました。

年末年始の救急患者総数

 平成30年12月29日(土曜)から平成31年1月3日(木曜)までに、市内の救急医療機関で取り扱った救急患者数の総数は14,048人(1日平均:2,341.3人)です。平成29年度13,109人(1日平均:2,184.8人)と比較すると、1日当たり約7.2%増加しています。
 受診科目別では、内科・小児科・整形外科の救急患者が全体の約73.6%(10,337人)となりました。

診療科目別患者数(12月29日〜1月3日)

主要な診療科目別患者数については、次のとおりとなっています。

 
診療科目平成30年度救急患者総数
12月29日〜1月3日
(1日平均患者数)
平成29年度救急患者総数
12月29日〜1月3日
(1日平均患者数)
内科6,521人
(1,086.8人)
5,630人
(938.3人)
小児科2,988人
(498.0人)
3,137人
(522.8人)
整形外科828人
(138.0人)
795人
(132.5人)

医療機関別患者数

医療機関別患者数については、別表のとおりとなっています。

救急安心センターこうべ(#7119)への問合せ件数

 平成30年12月29日(土曜)から平成31年1月3日(木曜)までに、救急安心センターこうべ(#7119)に電話で問合せがあった件数の総数は、5,208件(1日平均:868.0件)です。
そのうち、医療機関案内が3,916件(約75.2%)、救急医療相談が656件(約12.6%)、その他※が636件(約12.2%)です。※その他とは、誤着信、無言着信、対象外相談 等。

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。