神戸市-KOBE-


地域に届け!防災プロジェクト

記者資料提供(平成31年1月4日)
神戸市西消防署消防防災課 伊川谷出張所
神戸市立伊川谷中学校 

地域に届け!防災プロジェクト

‐中学生から地域に届ける防災マップ‐

1 概要

 神戸市立伊川谷中学校では、1年生の総合学習で生徒が校区内の防災に関する設備や危険箇所を実地調査し、巨大地震が発生した時に地域の方々が安全に避難できるよう「防災マップ」作りを行います。西消防署においても生徒たちが地域と災害を理解し、災害時における判断力が育つよう指導します。
 また、この「防災マップ」を考案した首都大学東京の福井裕晋氏と愛媛大学講師の井上昌善氏も授業を行います。なお、井上氏(当時同中学校の社会科教諭)が平成28年度から「伊川谷防災プロジェクト」と題して地域の防災について考える授業を始めました。

2 実施日時 内容

(1) 平成31年1月9日(水曜)8時50分〜9時40分
   フィールドワーク前授業・・中学生など若い世代に求められることを共有します。
(2) 平成31年1月10日(木曜)8時50分〜12時40分・13時20分〜15時10分
   ・1クラスを6グループに分け北別府・池上地域のフィールドワークを行います。
    消防職員が地域に出て生徒達にアドバイスを行います。
   ・グループで防災マップを製作します。
(3) 平成31年1月16日(水曜)8時50分〜9時40分
   クラス内で各グループの防災マップを発表し、クラスの代表防災マップを選考します。
(4) 平成31年1月17日(木曜)14時10分〜15時10分
   代表防災マップの学年発表・・消防職員が防災マップの総合評価等を行います。

3 実施場所

(1) フィールドワークは神戸市西区北別府1丁目〜4丁目と池上4・5丁目一帯
(2) マップ製作及び発表は伊川谷中学校各教室及び体育館

4 参加者

(1) 授業参加者
   神戸市立伊川谷中学校 1年生211名
(2) 授業実施者
   ア 神戸市立伊川谷中学校 教職員
   イ 首都大学東京大学院 修士2年 福井裕晋(ふくいひろゆき)氏
   ウ 愛媛大学 講師 井上昌善(いのうえまさよし)氏
(3) 授業支援者
   神戸市西消防署消防防災課伊川谷出張所職員

5 過去の取り組み

(1)平成28年度 「伊川谷防災プロジェクトをとおして地域についての理解を深めよう」
           (防災に関係する倉庫の場所はどこか)
(2)平成29年度 「伊川谷地域が災害につよいまちになるための条件について考えよう」
           (防災福祉コミュニティの役割や課題)

取り組み写真

6 取材について

  取材を希望される場合は平成31年1月8日(火曜)までに神戸市立伊川谷中学校の担当教諭(藤田)あてご連絡ください。