神戸市-KOBE-


第11回橋梁模型コンテストの開催

記者資料提供(平成30年11月13日)
建設局
道路部計画課

一般審査員になってお気に入りの橋に投票しよう!

第11回橋梁模型コンテストの開催

〜世界一の吊橋明石海峡大橋を背景に〜

 神戸市建設局では、“みち”をはじめとした社会基盤である「土木」に関する様々な市民参加型の活動を行っています。このたび、11月18日の「土木の日」にちなみ、第11回橋梁模型コンテスト及び土木の日「土木の教室」を開催します。
このコンテストは、「土木」の将来を担う人材と、「土木」に関する広報を目的として行っております。
また、土木の日「土木の教室」は、親子で「土木」を学ぶ体験学習で、コンテストと合わせて開催します。※土木の教室参加受付は終了しています。

第11回橋梁模型コンテスト

開催日時

平成30年11月17日(土曜) 12時30分〜16時30分

会場

橋の科学館(神戸市垂水区東舞子町4‐114)
JR神戸線 舞子駅 または 山陽電鉄 舞子公園駅 下車 海側へ徒歩5分

作品出展団体

17チームの参加が決定!
・高知県立高知工業高等学校(全日制) 高知工業橋梁模型班Aチーム
・高知県立高知工業高等学校(全日制) 高知工業橋梁模型班Bチーム
・兵庫県立三田祥雲館高等学校 TEAM SHOUN
・明石工業高等専門学校 NITAC
・高知県立高知工業高等学校(定時制) team "T"
・兵庫県立東播工業高等学校 土木科  チーム東播
・兵庫県立神戸工業高等学校 建築科  神工A
・兵庫県立神戸工業高等学校 建築科  フランク・ロイド・ライト
・関西大学 構造工学研究室
・岡山県立岡山工業高等学校 ほうれんそう
・兵庫県立相生産業高等学校 team 相生産業高等学校
・大阪市立大学 JSG
・大阪市立大学 杉本町
・兵庫県立兵庫工業高等学校 Team kenko
・神戸大学 BBラボ
・京都大学 京都大学構造力学研究室
・京都工学院高等学校 KOGAKUIN CIVIL-LAB

実施内容

・参加チームが製作した橋梁模型を会場内で審査します。

審査方法

・20キログラムの走行車両による載荷試験
・専門審査員及び一般投票による完成度、デザイン性等の審査
・来場者の人気投票による一般審査

賞金

最優秀賞 5万円  優秀賞 4万円  特別賞 3万円ほか

主催

土木の学校 / 神戸市建設局

協賛

本州四国連絡道路株式会社
阪神高速道路株式会社
(一社)日本橋梁建設協会
(一社)日本建設業連合会関西支部
(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部
(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部
神戸市測量設計協力会

後援

(公社)土木学会関西支部

土木の日「土木の教室」〜マッチ棒でトラス橋をつくろう!〜

開催日時

平成30年11月17日(土曜) 12時30分〜15時

会場

JB本四高速舞子ビル(神戸市垂水区東舞子町4‐115)
JR神戸線 舞子駅 または 山陽電鉄 舞子公園駅 下車 海側へ徒歩5分

参加者

小学校3年生以上の親子6組(受付は締め切りました。)

内容

・専門家による橋のおはなし
・マッチ棒でつくるトラス橋の模型づくり

主催

神戸市建設局 / 神戸市公民館

協力

土木の学校 / CVV

昨年度の様子

橋梁模型コンテスト

昨年の橋梁模型コンテストの様子20キログラムの移動荷重を載荷して、橋の耐久性・安定性を審査します。

土木の教室

昨年の土木の教室の様子橋のおはなしを聞いてから、マッチ棒でトラス橋づくりに挑戦します。