神戸市-KOBE-


灘区ゆかりの異色の女流水墨画家 松本奉山展

記者資料提供(平成30年9月20日)
灘区総務部まちづくり課

灘区ゆかりの異色の女流水墨画家 松本奉山展

風神灘区に居を構え、世界中で活躍した水墨画家「松本奉山」。
日本の自然や国外の風景、仏画を精力的に描きました。
生前、摩耶山天上寺との関わりも深く、多くの作品を奉納されています。
今回の展覧会では、摩耶山天上寺に奉納された中から厳選した作品を展示いたします。
灘区が生んだ異色の水墨画家の作品をぜひお楽しみ下さい。

1.展覧会概要

雷神【日程】 10月28日(日曜)〜11月3日(土曜・祝日)
【時間】 10時〜18時(最終受付17時30分)
      ※最終日のみ14時30分最終受付
【会場】 BBプラザ美術館展示室(神戸市灘区岩屋中町4-2-7)
【入館料】 無料

展覧会初日の午前中、関係者一同お待ちしておりますので是非お越し下さい。
※ご質問につきましては、随時受け付けております。

2.主催・共催・協力・後援

【主催】 摩耶山観光文化協会
【共催】 灘区総合芸術祭実行委員会
【協力】 兵庫県神戸県民センター
【後援】 神戸市灘区役所

3.松本奉山 略歴

席上揮毫大正14年(1925)、愛媛県今治市生まれ。昭和13年(1938)に灘区八幡町に移住。17歳の折、師・松本尚山に出会い水墨画の道に入る。
昭和38年(1963)初渡米。昭和43年(1968)初渡欧。
以来、国内外で個展を重ね、仏画を含む独自の水墨画の境地を追求した。
平成22年(2010)84歳で逝去。
第62回神戸新聞文化賞受賞。兵庫県文化功労者、神戸市文化功労者。

4.問い合わせ先

灘区総務部まちづくり課 078-843-7001
摩耶山天上寺       078-861-2684

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。