神戸市-KOBE-


平成30年度大都市減量化・資源化共同キャンペーンの実施

記者資料提供(平成30年9月19日)
環境局環境政策部資源循環政策課

平成30年度大都市減量化・資源化共同キャンペーンの実施

 神戸市では、国が定める3R推進月間である10月に、20政令指定都市及び東京23特別区と共同で「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」を下記のとおり実施します。
 このキャンペーンは、ごみの減量化・資源化の推進は、継続的に取り組まなければいけないとの共通認識に基づき、大都市が連携して「ごみの減量化・資源化」に対する市民・事業者の意識啓発を図ることを目的として、実施しているものです。

1.期間

  平成30年10月1日(月曜)から10月31日(水曜)まで(3R推進月間)

2.取組内容

 再生紙を使用したオリジナルポスターと、使い捨て飲料用容器の排出量削減が期待できる「マイカップ」を、期間中に市内の公共施設への掲出や市主催イベント等で配布します。あわせて、食品ロス調査や小売店舗におけるフードドライブ(食品回収)を実施するなど、より多くの方にリデュース(発生抑制)・リユース(再使用)・リサイクル(再生利用)をPRしていきます。

3.使用媒体

(1)ポスター (全体で18,921枚(うち神戸市で440枚))
   ・キャッチコピー「みんなでつくろうエコな街♪タマ&エコフレンズ」
(2)マイカップ(真空ステンレスタンブラー)(全体で21,000個(うち神戸市で1,000個))

4.キャンペーンエリア

 札幌市・仙台市・さいたま市・千葉市・東京23特別区・横浜市・川崎市・相模原市・新潟市・静岡市・浜松市・名古屋市・京都市・大阪市・堺市・神戸市・岡山市・広島市・北九州市・福岡市・熊本市

5.事業主体

 平成30年度大都市減量化・資源化共同キャンペーン実行委員会
(各都市ごみ減量化・資源化担当課長で構成)

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。