神戸市-KOBE-


平成30年度「神戸市民間提案型事業促進制度」事業選定のお知らせ

記者資料提供(平成30年9月12日)
企画調整局政策企画部産学連携課

平成30年度「神戸市民間提案型事業促進制度」事業選定のお知らせ

1.趣旨

 神戸市では、市民サービスの向上や市域経済の活性化等、さまざまな行政課題の解決に向けて、民間事業者等の知恵や資金、技術・ノウハウ等を活かした公民連携事業の実現に取り組んでいます。民間のノウハウに基づく事業を一層推進するため、神戸市が抱える行政課題の解決につながる事業に対して費用の一部を支援する「神戸市民間提案型事業促進制度(課題解決型事業)」について、事業提案の募集・選定を行った結果、下記のとおり事業を選定しましたのでお知らせします。

2.選定結果

 今年度は、神戸市が指定した具体的な課題について事業提案を募集する「課題指定タイプ」と、神戸創生に資する事業提案を広く募集する「地方創生タイプ」の2パターンについて募集・選定を行いました。

(1)課題指定タイプ

 選定委員会において、民間事業者から提出された提案書およびプレゼンテーションの内容をもとに、「課題解決力」「実現可能性」「業務遂行能力」等の項目について審査を行った結果、下記事業を支援対象の候補として選定しました。

【課題】 地域で解決可能な神戸市のプログラミング教育モデルの創出支援
 (課題の内容については下記「関連資料」に掲載の「課題概要説明シート」をご参照ください。)

<選定事業>
提案事業者     株式会社S&F PARTNERS
提案事業の概要大学と小学校の連携による新たな教育モデルの創出に向けた実証事業、プログラミングのワークショップおよびハッカソンコンテスト(※)を開催する。  
※広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指すハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語。数時間から数日間の与えられた時間を徹してプログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベント。
期待される効果の概要    ワークショップとハッカソンコンテストを組み合わせることで、小学生を中心とした幅広い層のプログラミング教育に関するリテラシーの向上を目指す。
<採点結果>
提案事業者株式会社S&F PARTNERS事業者A
点数81.351.3

(2)地方創生タイプ

 選定委員会において、民間事業者から提出された提案書およびプレゼンテーションの内容をもとに、「神戸創生への効果」「事業の先駆性・先進性」「業務遂行能力」等の項目について審査を行った結果、下記事業を支援対象の候補として選定しました。

<選定事業>
@
提案事業者タイムトリップ神戸実行委員会
提案事業の概要神戸のナイトタイムエコノミー及びナイトカルチャーの活性化に向け、三宮南の湾岸エリアにて、神戸の歴史的建造物を活用した音楽イベントを実施する。
期待される効果の概要ナイトタイムエコノミー、ナイトカルチャーの活性化につなげるとともに、三宮南の湾岸エリアへ新たな人の流れを創出する。

A
提案事業者NPO法人ママの働き方応援隊
提案事業の概要女性が出産後も働き続け社会参加できるよう、子育て中の母親が、子どもと一緒に働けるお弁当販売店を展開する。
期待される効果の概要  出産後も仕事を通して社会とつながることで、早期の社会復帰やグループで働くことにより孤独感の解消を図るなど女性活躍につなげる。また、子どもを保育園に預けずに働けるため、待機児童の解消の一助となる。
<採点結果>
提案事業者タイムトリップ神戸実行委員会NPO法人ママの働き方応援隊事業者A
点数82.778.761.3

3.選定までの経緯と今後の予定

7月24日(火曜) 提案の募集開始
8月10日(金曜) 提案エントリーの締切
8月23日(木曜) 提案書の提出締切
8月27日(月曜) 選定委員会での提案者プレゼンテーション及び審査・選定

※今後、それぞれの事業について、平成31年3月末までに具体的な成果を出せるよう、神戸市による支援のもと、提案事業者が主体となって事業を進めていただきます。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。