神戸市-KOBE-


地域やボランティア活動での「担い手不足を考える」

記者資料提供(平成30年9月11日)
神戸市中央区社会福祉協議会

地域やボランティア活動での「担い手不足を考える」

「中央区ボランティアに関する意識・活動調査」報告・交流会の開催

◆概要◆

 平成29年度に実施した「中央区ボランティアに関する意識・活動調査」の対象の「地域団体」および「地域団体以外の団体」に対し調査報告を行うとともに、団体の活動内容等の情報を交換することで連携のきっかけづくりを行います。
 さらに、団体の「担い手不足」の問題解消に向け、何をすべきかを考える場としてパネルディスカッションとグループディスカッションを開催します。

◆日時◆

 平成30年9月15日(土曜)13時から17時
  ポスターセッション 13時から17時
  交流会(パネルディスカッション、グループディスカッション) 14時から16時15分
 

◆場所◆

 神戸市勤労会館 7階大ホール(中央区雲井通5丁目1−2 中央区役所西隣)

◆対象◆

 「中央区ボランティアに関する意識・活動調査」対象団体および交流会内容に関心のある方 約100名

◆内容◆

1 ポスターセッション

 「地域団体」や「地域団体以外の団体」の活動を紹介したブースを設置
 参加者に各団体の活動内容を紹介することで連携のきっかけを作ります。

2 交流会(14時から16時15分)

 (1)調査報告書概要説明 14時から14時10分
 (2)パネルディスカッション(問題提起) 14時15分から14時55分
    テーマ「担い手不足を考える」
    1.コーディネーター
      ひょうごコミュニティ財団 代表理事 実吉 威(じつよし たけし) 氏
    2.パネラー
      神戸諏訪山ふれあいのまちづくり協議会 委員長 横山 直己 氏
      特例認定NPO法人まなびと 副事務局長 石野 慎一郎 氏
      神戸YWCA学院 日本語講師 斉藤 明子 氏
 (3)グループディスカッション 15時から16時15分
    テーマに沿って各グループで話し合い、最後に各グループから主な意見を発いただき、問題解決に
  向けてのきっかけづくりを考えます。

◆主催◆

 神戸市中央区社会福祉協議会

◆問い合わせ◆

 神戸市中央区社会福祉協議会 棚野・石原
 TEL:078−232−1447