神戸市-KOBE-


雲井通5丁目地区再整備にかかる事業協力者の優先交渉権者及び次点交渉権者の決定について

ロゴ

記者資料提供(平成30年9月11日)
雲井通5丁目再開発株式会社

雲井通5丁目地区再整備にかかる事業協力者の優先交渉権者及び次点交渉権者の決定について

 雲井通5丁目再開発株式会社(以下、「再開発会社」という。)では、雲井通5丁目再整備に向けて市街地再開発事業としての事業化を検討するにあたり、サポートをいただく事業協力者の公募を行ったところ、2グループより応募申込書の提出がありました。
 学識経験者等で構成する選定委員会において、提案内容に対する審査を行い、その結果をもとに優先交渉権者及び次点交渉権者を決定しましたのでお知らせします。

1.優先交渉権者

代表事業者構成事業者総合評価点数
(150点満点中)
三菱地所株式会社三菱倉庫株式会社
神鋼不動産株式会社
株式会社東畑建築事務所
株式会社再開発評価

122.8点

1.事業計画    55.8点
2.実施体制    25.4点
3.事業成立性等 41.6点
提案概要書は添付書類のとおり
※提案の内容は、募集要項に基づき応募者が作成したものであり、そのまま実現されると決まったものではありません。

2.次点交渉権者

代表事業者構成事業者総合評価点数
(150点満点中)
森ビル都市企画株式会社株式会社隈研吾建築都市設計事務所
株式会社アール・アイ・エー
株式会社竹中工務店 神戸支店
関電不動産開発株式会社
株式会社神戸ポートピアホテル
東急不動産株式会社

116.2点

1.事業計画    57.2点
2.実施体制    22.8点
3.事業成立性等 36.2点

3.選定に関する委員会

<委員構成>
区分氏名所属・役職
委員(委員長)小谷 通秦神戸大学 名誉教授(交通計画)
委員嘉名 光市大阪市立大学大学院 教授(都市計画)
委員栗山 尚子神戸大学大学院 准教授(景観計画・建築計画)
委員細川 明子公認会計士・税理士(会計)
委員安田 義秀神戸商工会議所 常務理事(経済)
委員鳥居 聡雲井通5丁目再開発株式会社 代表取締役社長(地権者)
※氏名順不同、敬称略

4.優先交渉権者にさらなる検討を求める主な事項

 今後、以下の事項等についてさらなる検討を求めながら、事業計画の策定を進めていきます。

神戸の歴史や風土を意識しながら、他都市にはない神戸の顔となるようなシンボルかつランドマーク性の高いデザインとなるようにすること。
1階など低層階を通行する人の上層階や周辺への移動をさらに促すような回遊性を高める工夫を行うこと。
オフィスについては、市内企業の移転ではなく市外・海外からの企業誘致を基本とするとともに、ホテルについては提案にある上質なブランドの誘致を行うこと。
管理費低減などの負担軽減や権利床の配置など権利者の意向を十分反映しながら、事業計画等の策定を進めること。

※参考:募集と選定の経緯

平成30年6月25日〜7月6日募集要項の公表・配布
 7月 6日エントリー表明、質問受付の締切
 8月 6日応募受付の締切
 8月24日選定委員会(ヒアリング)
 9月11日選定結果の公表

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。