神戸市-KOBE-


就活のはじめの一歩は、KOBEナビゲーターから

記者資料提供(平成30年9月7日)
人事委員会事務局任用課

就活のはじめの一歩は、KOBEナビゲーターから

〜KOBEナビゲーターとの個別面談開始!〜

1.概要

平成30年7月9日より神戸市職員採用ナビゲーター(略称:KOBEナビゲーター)の活動を開始していますが、この度9月10日より個別面談の申込を開始します。
あわせて、KOBEナビゲーター特設ページを新設し、総勢212名のKOBEナビゲーターを紹介いたします。

2.KOBEナビゲーターとの面談について

KOBEナビゲーターとの面談を希望される学生について、人事委員会事務局で紹介します。
(1)対象者
 一般行政職・消防職として神戸市役所で働くことに興味のある大学生 (大学1年生から申込可能です)
(2)申込期間
 平成30年9月10日〜平成31年2月28日
(3)面談期間
 平成30年9月10日〜平成31年3月29日
(4)申込方法・面談までの流れ
 【1】兵庫県電子申請システムより申込を受付します。
  URL:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?id=1532505682364
 【2】担当するナビゲーターから、電話またはメールで日程調整の連絡をします。
 【3】日程調整後、ナビゲーターの職場で面談を受けることができます。
 (原則、平日8:45〜17:30のうち30分〜1時間)
(5)その他
 ・選考とは一切関係ありません。
 ・大学生(一般行政職・消防職を考えている方)対象です。
 ・本市受験者は、受験申込から最終合格発表までの間はご利用できません。

3.KOBEナビゲーター特設ページの新設

KOBEナビゲーターHP個別面談受付開始に合わせて、ナビゲーター制度の紹介や総勢212名のKOBEナビゲーターを紹介する特設ページを新設します。
URL:http://www.city.kobe.lg.jp/information/shokuinsaiyou/saiyou/kobenavi/

(参考)KOBEナビゲーターとは

平成29年12月に立ち上げた「神戸市の人材確保方策に関する有識者会議」の提言内容を踏まえた人材確保方策の第1弾です。
神戸市の職員の幅広い業務内容や仕事のやりがい、待遇、職場環境などをご紹介するため、若手職員をKOBEナビゲーターとして任命し、平成30年度7月よりスタートしました。
【一般行政職員200名、消防職員12名】

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。